漫画

「雪人 YUKITO」ネタバレ感想 ハードボイルド漫画!

更新日:


大沢在昌先生の小説「北の狩人」をコミカライズした作品「雪人 YUKITO」を読みました。

ハードボイルド小説を書く大沢在昌先生のファンなので、すごく嬉しかったです。

新宿鮫シリーズも大好きなんですが、こちらの作品も新宿を舞台にしており、欲望のうごめく街に秋田からやってきた秋田弁バリバリの青年・雪人が主人公です。

主人公がイケメンなので地方訛りがかえって素敵に感じます(笑)それにマタギの血をひいているハンターでもあります。

「雪人 YUKITO」ネタバレ

 
雪人は10年前にころされてしまったお父さんの事件を調べるために、新宿にやってきました。

お父さんは警察官でヤバイ組織に関わる事件に巻き込まれた・・・と雪人は考えたわけです。

どこかに父の事件のことを知る人間がいるはずだ、と縁故もなにもない新宿に単身乗り込んできて、田舎モノ特有(わたしも田舎だけど!)の人の信じやすさで、あっさりと美人局系の詐欺にひっかかってしまいます。

女子大生の杏とその友人で、彼をひっかけて連れて行った先はスナック。うまいこと詐欺られた雪人は高額な請求をされて「払えない」と突っぱねると、強面の人たちが出てくる、という寸法です。

そこで雪人は大立ち回りをして「田代組を知らないか」と、やっつけた強面たちに聞いて・・・何やら腹に一物ありそうな刑事のおじさんにその場をおさめてもらい、あっさり解決。

ところがそのあと杏の友人がヤバ系の人間に連れ去られて、杏と一緒に雪人は助けにいきます。お人好しなんですね〜。

ただの田舎者、と思われた雪人ですが実は彼は警察官だったんです!

そして、父親の事件につながっている人物を見つけて手がかりをつかみますが・・・

大沢在昌先生原作なので、ストーリーが最高におもしろいです。作画担当のもんでんあきこ先生の絵も、雪人がめっちゃかっこよく描かれているので、これは成功したコミカライズだな〜と思いました。

つづきは、試し読みからどうぞ。

-漫画

Copyright© ナナイロノウミ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.