おすすめ漫画

闇夜に遊ぶな子供たち ネタバレ 日本一不憫な兄妹のオカルトホラー

投稿日:


うぐいす祥子先生の極上暗黒メルヘンホラー漫画「闇夜に遊ぶな子供たち」は、不思議な霊能力を持つ妹と、オカルトに詳しい兄が遭遇する心霊事件簿的なお話です。謎の錬金術師による殺人事件、悪魔崇拝などさまざまなオカルトチックな事件に巻き込まれていきます。

「闇夜に遊ぶな子供たち」のネタバレ

不思議な霊能力と殺人事件

トシオとマコの兄妹は、従姉妹の雪子お姉ちゃんが事件に巻き込まれてしまったことで、叔母さんの家を追い出されてしまいます。マコには不思議な力があり、死んでしまった人の居場所や見えないものが見えており、他殺体となった雪子お姉ちゃんが埋まっていた場所を言い当ててしまったからです。

半年前から始まった殺人事件は、遺体の心臓が持ち去られる手口ですでに犠牲者は7人にものぼっていました。計画性もなく遺体の隠蔽方法もバラバラだったため、警察の捜査が行き詰まっていたのです。

女刑事の真藤は、トシオとマコが被害者のひとりである雪子の遺体を発見したことで事件に関わる情報を他にも隠していると考えます。同僚の刑事は「あの兄妹が霊能力で見つけた」と言っていますが、リアリストの真藤刑事は「そんなことあるわけない」とバッサリ。トシオとマコを参考人として呼んで、事情聴取をします。

捜査に協力する兄妹

ふたりに捜査の協力をしてほしい、と頼みますがトシオは「悪いけどお断りします」と言い、雪子お姉ちゃんを見つけてあげたのに、気味悪がった叔母さんの家から追い出されて妹が力を使うたびに周囲が変な目で見るから、というのです。

真藤刑事は霊能力うんぬんを信じませんが、「自分にできることをやらないのは犯人に協力するのと同じよ」と言って、なんとか協力させようとします。問い詰めて事件につながる証拠を吐かせようと考えていたのです。

トシオはどう言われて頑固に断ろうとしましたが、妹のマコが無邪気に「お兄ちゃん手伝ってあげようよ、この人たち困ってるんでしょ」と言ったためにしぶしぶながら協力します。

恐ろしい男の姿が!

マコはその不思議な霊能力で写真を見ただけで、被害者の遺体がどこにあったのか言い当てました。そして「おじさんがみえるよ」と、帽子を被ったメガネで白髪の紳士が女性の首を締めている映像を見ました。

ところがその映像の中で男が振り返り、マコに向かって「誰かそこで見てるな」と言うのです。通常ではありえないことにマコは動揺し、急に机の上に登って笑い出して犯人に意識を乗っ取られてしまいます。

「低能ども、俺を捕らえられるわけがないだろう!」と笑いながら、マコが耐え切れずに吐くまで続けます。犯人はマコが霊能力で透視していたのに気づき、宣戦布告をしてきたのです。

「闇夜に遊ぶな子供たち」の感想

レトロな絵柄と昭和風なホラーテイストが非常にマッチしている漫画です。兄のトシオはオカルトに深い知識があり、妹を第一に守るために奮闘します。ふたりの両親は亡くなっており、叔母さんの家に引き取られていましたが、雪子お姉ちゃんの事件でその家にいられなくなります。

トシオ自身には霊的な力はありませんが、マコの力を誰よりも理解しており、常にサポート役に徹している妹思いなお兄ちゃんです。心霊事件の内容は、おどろおどろしいけれども、ホラーというほど怖くなくて、わりとすっきりと読めます。

-おすすめ漫画
-

Copyright© ナナイロノウミ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.