おすすめ漫画

漫画版 うなぎ鬼 ネタバレ感想・あらすじ結末 落合裕介・高田侑

更新日:


借金のせいで闇の裏社会に入ってしまった主人公・倉見勝が、社長の千脇に命じられるままに金の取り立てをし、中身を知らないままにコンテナを運ばされます。

うなぎ鬼(漫画)のネタバレ

競艇ギャンブルにハマって、金も友人もすべて失った倉見勝。しかし、それでも一発逆転できる、と消費者金融に手を出したのが運の尽きで、あっというまに借金地獄。金を返せない、という勝に消費者金融の人間は無情にも「保険に入っているじゃないか」と、自殺をして保険金で返済しろ、と迫ってきます。

背筋が凍りついた勝に、そこにいた借金取り立て屋の社長である千脇が、「俺に預からせてくれるかい」と身請けして借金を肩代わりしてくれました。その代わり、勝は今後、社長のいうことを何でも聞かなくてはならない立場になります。

言われるままに、老婆から借金を取り立てる勝は、はたから見れば大男で真顔の怖い人でした。どんくせえ男だが、取り立てについちゃ才能がある、と社長はおだてます。そして社長は異空間のような黒牟の町へ連れて行き、そこへコンテナを運ぶように命じます。コンテナの中身を知る必要はないし、興味も持ってはいけない。

運ぶ場所は、うなぎの養殖場・・・「うなぎは、タンパク質なら何でも食っちまうんだ」という言葉が勝の脳裏に浮かびます。中身を想像しそうになりながらも、「知ってはいけない」と勝は自分に言い聞かせるのです。

うなぎ鬼(漫画)の結末

怪しげな仕事ながらも、15万円、という高給に惹かれて黙ってコンテナを運ぶ勝。不気味な老人と、やけど跡のある顔の男。表情のない人間たちに囲まれながら、彼らにごちそうされた「モツ鍋」に入っていた人間の歯のようなもの。結局、モツ鍋の材料はわからずじまい。

勝は社長にデリヘルの運転手もさせられ、そこで出会った女の笑顔に騙されて裏切られ、殺してしまいます。死体の処理もしたはずなのに、彼女からメールが届き・・・。

感想とまとめ

前半の黒牟の町の住民たちの不気味さが、この漫画で一番怖かったと思います。なにか後ろ暗いことをしているのは想像できるけれども、それを問いただしてもいけないし、興味をもってはいけない。知ったが最後、その闇の中に引きずり込まれてしまう、というタイプのホラーでした。

主人公の勝は、こう言ってはなんですが頭が悪い男でどんくさく、人から言われるままに行動してしまうタイプです。ですから、社長に「改造してやる」と言ったとおりに、次第に裏稼業が似合っていく人間へと変貌していきます。

-おすすめ漫画
-, ,

Copyright© ナナイロノウミ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.