漫画

終のすみか(漫画)ネタバレ感想 村生ミオ

更新日:


村生ミオの漫画「終のすみか」は、なんとも物悲しくなってしまう、妻に去られたサラリーマン男性のお話です。

大手の商社で家族のために一生懸命に働いて、購入した一軒家の住宅ローンもまじめに返済し、これからは家族で一生ずっと幸せに暮らせる・・・そう思っていたは自分だけで、家族は自分を見捨てて出て行ってしまうのです。

終のすみかのあらすじ

田島修一は大手商社のサラリーマンで、42歳で仕事も順調。二人の子供にも恵まれ、美しい妻と一緒に一生添い遂げるつもりでした。家族の幸せの象徴である一軒家を購入し、その住宅ローンも返済がやっと完了。これでやっと、本当に「終のすみか」で家族で一生幸せになれる・・・そう信じていたのです。

「お祝いをしよう」と無邪気に喜んでいた修一でしたが、妻はそう思っていませんでした。なんと妻は仕事ばかりの夫に飽々していた、と告げて、子供たちのために住宅ローンが終わるのを待っていた、そして離婚して欲しいと言い出すのです。

おまけに、彼が大切に育ててきたはずの子供たちまでが妻の味方をしており、父親のことを「ATM」と呼んで蔑み、妻と一緒に出て行くと言います。まさか家族がこんなことを思っていたなんて・・・と青天の霹靂でした。

バツイチ中年と若い女

話し合っても結局、妻の離婚の意思は変わらず、修一は離婚をして、家は妻にあげてしまいます。そして自分は安アパートに。家族のために仕事をがんばって生きてきたのに、こんな仕打ちを受けるなんて・・・とやけになる修一は、会社で一番若くて美人のマドンナである神崎由佳にモーションをかけられ、そのまま関係をもってしまいます。

女なんて、妻もこの女もみだらなだけのどうしようもない女ばかりだ・・・修一は神崎由佳に妻への憎しみをこめて抱きます。

女性の目線から見ると、神崎由佳みたいな女性はありえない存在だし、死んだ彼氏への贖罪から自分を差し出し?の思考回路が理解できませんでした。

男の人にとっては、若くて美人な女の子が自ら・・・というのがいいのでしょうね(笑)修一が妻に捨てられてしまうあたりは、みじめでかわいそうでした。

-漫画

Copyright© ナナイロノウミ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.