漫画

「死と彼女とぼく イキル」ネタバレ感想  川口まどか

更新日:


川口まどか先生の殿堂入りホラー漫画の続編「死と彼女とぼく イキル」は、死者の姿が見えてしまう力がある女子高生だった時野ゆかりが、社会人になったその後の姿を描いています。

「死と彼女とぼく イキル」ネタバレ

 

時野ゆかりは幼い頃に病気で死にかけたことがきっかけで、死者たちが視えてしまう能力があります。大人になり、医療事務の仕事を得て仕事に集中していると、その能力をほとんど感じません。

けれど日常生活でどうしても、彼らが視えてしまいます。医療事務は忙しい時には病院の外来の受付を頼まれることもあり、ゆかりは受付に立ちますが、誰にも視えていない霊が話しかけてきます。

とっくに自分が死んでいることもわからずに「俺の番はまだか」と尋ねてくる男の霊・・・ゆかりは見えないふりをしてやりすごしますが、霊は消えたわけではありません。

社会人になった松実優作

松実優作もまた、ゆかりと同じ能力がありましたが、大人になって機器の保守点検の仕事をしていました。機械に触れていると聞こえないはずの声が遠くなっていくからです。けれども「取り憑かれている人間」は見てしまいます。優作には植物の声も聞こえており、喉が渇いたという植木にも水を与えます。

頭に化物が取り付いているヒステリックなおばさんがいても、見て見ぬふりをします。「僕は彼女のようにやさしくないから」と、ゆかりのことを思いながら・・・

取り憑かれた看護師

ゆかりは、職場の明るい男性看護師・乃浦の肩に良くないものがついているのを見てしまいます。それは黒い塊で歯ぎしりをしており、「ある思いに囚われた」霊の特徴でした。乃浦は「最近ついてない」と言い、患者のいない部屋で機器のご作動が起きたり、誰もいないのに足音が聞こえる、人影が窓に立っているという怪現象にあっていました。

彼についていたもう一人の女性の霊・モリテルミがゆかりに、彼への伝言を頼みました。そしてゆかりはその言葉を乃浦に伝えます。生前、テルミは病気で入院して乃浦が誰よりも気にかけてくれたことに感謝しており、彼に迫っている危機から救いたいと思っていたのです。

「死んだ方が視えるんです」とゆかりは率直に話しますが、乃浦は「宗教はいやなんだ」と半信半疑で・・・

 

「死と彼女とぼく イキル」の感想

 

「死者」が見えてしまう少女と少年だったゆかりと優作が大人になったその後の作品ですが、ゆかりは相変わらずその能力で周りの人たちを救おうとします。

死者が見えるがゆえに孤独だったゆかりでしたが、優作との出会いで成長し、社会人としての生活と折り合いながら怪事件を解決していきます。大人になってもふたりが活躍し、死者の悲しみを拾い上げて癒やすゆかりの優しさにホッとしました。

-漫画

Copyright© ナナイロノウミ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.