漫画

屍囚獄 ネタバレ 猿田彦の面を被った殺人鬼の呪われた村の漫画

投稿日:


室井まさね作 漫画「屍囚獄(ししゅうごく)」は、大学のレポートのために人口わずか43人の寒村を訪れた女子大生たちが、呪われた因習に巻き込まれるホラーサスペンスです。

屍囚獄のネタバレ

因習に満ちた寒村へ行く女子大生たち

M県にある八坂村は人口わずか43人の廃村寸前の小さな集落で、東京の大学からやってきた6人の女子大生たちが、教授・葦原とその助手・香坂とともに民俗学のレポートを書くためにやってきた。

村人たちから「猿田彦」と呼ばれる村長・天野の家を訪れて挨拶をする。部屋に妻の写真はあったがその場にはおらず、長いこと寝たきりだという。

きれいな人ですね、と助手が水を向けると、村長は「若い頃はそらもう、村中の男たちが『宇受売』に夢中になった」と奇妙なことを言った。

女が何十年も生まれない奇妙な村

26歳になる息子の貴彦を紹介され、一同は自分の息子の嫁選びに民俗学の調査を受け入れたのだな、と推測する。貴彦は田舎育ちにしてはいい男に見えた。もうひとりの息子・伊助は貴彦とは似ても似つかない大男で頭が少し弱いという。

家に代々伝わるという「猿田彦神の面」を見せてもらい、天野家の代々の当主は祭りで猿田彦を演じるというのだった。そして、村の男たちがわらわらとやってきて、都会からやってきた女子大生たちを物珍しそうに、なめるように見てくる。

村の男たちの歓待を受けながら、この村にはひとりも若い女がいないということを聞かされる。村の女性の出生率は異常に低く、ここ50年にはひとりも女児が生まれていないというのだ。

「ウズメ様の祟りじゃ」

何気なく言う村人たちの言葉。村長は、つまらない迷信だとごまかす。夜になり、女子大生たちは古い家屋と村の親父たちが気持ち悪かった、と辟易していた。

猿田彦神の面をかぶった殺人鬼!?

翌朝、沙霧と比奈は「ウォシュレットトイレがある」という村人の家に行き、いつでも来ていいよと言われる。ところが、男には魂胆があり、比奈がひとりなったところを襲いかかってきた。家と家の距離が離れているため、悲鳴をあげても誰にも聞こえない。

村のおやじに襲われ、もうだめだと思った瞬間、比奈を襲っていた男は斧で真っ二つにされる。目の前には、猿田彦の面を被った大男がいて・・・

感想

まさにジャパニーズホラー、といった風情で、奇妙な風習やしきたりに縛られている因習の寒村にやってきた、何も知らない都会娘たちが村の生贄的ポジションに立たされ、謎の天狗面の男によるスプラッタに巻き込まれる、という展開です。

村長の妻の「宇受売」、女がまったくいない村・・・とくれば、想像どおりで村の男たちの欲望を一手に引き受けさせられるヨゴレな役割でした。そして現れる猿田彦神の面の殺人鬼の目的、村に若い女がいないはずなのに「うずめ」という名の少女がいた理由は・・・?

つぎつぎに村の裏側に隠されている秘密が暴かれていきます。女子大生たちが容赦なくやられていくので「誰が生き残るのか」本当にわかりません。スプラッタ好きなら要チェックの作品です。

-漫画
-

Copyright© ナナイロノウミ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.