漫画

「整形中毒の女」ネタバレ感想 まるいぴよこ

投稿日:


まるいぴよこ先生によるストーリーな女たちの実話体験談漫画「整形中毒の女」のネタバレと感想です。「整形して綺麗になって人生を変えたい」と、顔さえ美人になれば恋も仕事もうまくいくと信じきっていた女性が、整形の果てに得たものとは?

「整形中毒の女」のネタバレ

26歳のOL・小島咲希は幼いころから自分の顔にコンプレックスを抱いており、「人に馬鹿にされて生きるのはもう嫌」と、整形をしてでも綺麗になりたいと思いつめていました。会社の女子社員たちは合コンに彼女を誘うこともなく、「暗いしダサいし、引き立て役にはなるだろうけど」と陰口を言われます。

お金を貯めて整形すれば、キレイになって新しい人生をスタートできる、と咲希は信じていました。そして母親に、仕事をやめて東京へ行き整形をしてやりなおす、と告げます。「整形なんて何馬鹿なこと言っているの!」と反対されますが、咲希の気持ちはすでに固まっていました。

咲希によく似たブスな姉が「私だって結婚して子供もできて人並みに幸せよ」と言いますが、咲希は姉の結婚は妥協の産物であり、自分は絶対に妥協なんかしたくないのだと言い返します。結局、家を出て上京し、整形することにします。

整形後、思ったよりモテない

咲希は整形して綺麗になれば、就職もすぐに決まって男性たちからモテまくるだろうと思い込んでいました。整形後の顔にはとりあえず満足しており、鏡を見るたびにメイクが映えて生まれ変わったようだとうっとりとして眺めています。

しかし就職は思うように決まらず、やっと見つけたのは事務のパート。それに男性たちからもまったく誘われません。おかしい・・・私は綺麗で、他の子にも負けていないのに、と鏡を覗くたびにニヤニヤしていました。

会社の人たちはそんな咲希のことをむしろ「鏡を見てニヤついている気持ち悪い人」と考えており、やたらと自分を美人だと思い込んでいる自意識過剰な女性だと噂していたのです。「自分のことすごい美人だと思っているのかね」「普通だよなあ」そんな男性たちの意見を聞いてしまい、整形もバレていたたまれず、咲希はそのまま仕事をやめてしまいます。

もっと綺麗になるために整形する

自分ではすごい美人になっていたつもりだったのに、会社の人たちから見ればまだ足りないのか、と咲希は「もっと全体的に直さないとダメなんだわ」と、もっと綺麗になるために再度整形手術を受けることにします。

「もっとキレイにならなきゃ、誰からもキレイだって思われるように、もっとキレイにしてください!」と必死に医師に訴える咲希。すっかり貯金を使い果たし、ローンの支払いもあるため稼げる仕事が必要になります。

綺麗になったのだから、と見た目を活かせるホステスになりますが、接客の基本がなっていないためにまったく指名がつきません。若くて綺麗なナンバーワンホステスのユリアが整形している、と知り「もっと綺麗になれば指名も増える」と、サラ金に借金をしてさらなる整形手術を受けます。

ホステスたちも咲希の顔を見て、「やりすぎだよね・・・キモ」と言われてしまうほどの整形中毒になってしまうのです。

「整形中毒の女」の感想

やればやるほどに納得がいかなくなり、整形することに執着して止まらなくなってしまうヒロインの姿が哀れをとおりこしてゾッとしてしまいます。

最初に手術をした美容外科医は本当は良心的で、「これ以上の手術はおすすめできない」と反対しており、このお医者さんの言うことを聞いてさえいればあんな顔にならなかったのに・・・と、だんだん化け物じみた顔に変貌していく咲希の結末を見て思ってしまいました。

男性にモテない、周囲から馬鹿にされている、というのは本当は咲希の顔じゃなくて、ひがみっぽい性格のせいであって元々の顔はそれほどひどくありません。たとえ平凡で並以下の顔であっても、愛嬌いっぱいで笑顔だったらたくさんの人から好かれただろうし、整形にこれほどこだわることなかったのになあと悲しくなってしまいます。

女性の美に対する執念、というのはある意味とても悲しいものかもしれません。

-漫画

Copyright© ナナイロノウミ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.