漫画

「:REverSAL」ネタバレ感想 唐々煙

更新日:


祇園の街に響くとおりゃんせの歌声、そして異世界「裏京都」でのバトル漫画「:REverSAL/唐々煙」は、京都の美しい街並みを舞台に繰り広げるサバイバルゲームです。

突然不気味なゲームの世界に巻き込まれてしまった舞妓の彩芽の運命は・・・

「:REverSAL」ネタバレ

 

京都・祇園の置屋「夢里」で舞妓をしている彩芽。彩芽はテレビの特撮ヒーロー物が大好きで、自分も正義の味方になりたい!と思っているちょっと変わった女の子。

彩芽には姉の舞花がおり芸妓としては彩芽よりも全然上の存在。上品で美しくおしとやかな姉は、けれども養女としてきた人で、血のつながりはなく、なぜか「とおりゃんせ」の唄を異常に嫌がるところがありました。

「それは怖いもんを呼んでくるから、やめて!」と言うのです。

ある日、犬に襲われていた青年を助けた彩芽は、彼が落としたゲーム機のようなものを拾ってしまいます。なんとなく自分の名前を登録してしまい、その日からなぜか「とおりゃんせ」が聞こえ始めます。

何とはなしに「とおりゃんせ」の唄を口ずさんでいた彩芽に、「その唄やめろ!」とイチャモンをつけてくるおじさんに絡まれてしまいます。そして、そこに犬から助けてやった青年が現れ、彼の車に乗って逃げ出します。

夕方18時になり、再び彩芽は「とおりゃんせ」が聞こえはじめ、見たこともない異世界へ引きずり込まれてしまうのです。

異世界のサバイバルゲームに参加

彩芽が名前を入力してしまったゲーム機は、すべてが逆さまになっている「裏京都」に彩芽たちを引き込み、無理やりサバイバルゲームに参加させられます。

裏と表の世界でやるかやられるかの状況に追い込まれ、ゾンビのような人々に襲われますが、正義感が強いために彩芽は彼らを手にかけることができません。

崇幸はそんな彩芽の気持ちを理解してくれますが、ゲームをクリアするためにはそんなことを本来言っているわけにもいかず、ほかの仲間から煙たがられてしまいます。

そして実は姉の舞花もこのゲームに関わっており、彩芽を助けてくれます。謎の多いお姉さんですが、その正体は結末で明かされます。

-漫画

Copyright© ナナイロノウミ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.