漫画

「PYGMALION-ピグマリオン-」ネタバレ 渡辺千紘

投稿日:


渡辺千紘作のホラー漫画「PYGMALION-ピグマリオン-」は、本来はゆるキャラなご当地マスコットたちが人間に襲いかかってくるお話です。

かつてキプロス王・ピグマリオンが彫刻に命を吹き込んで妻としたように、マスコットたちも命と意志を持ち始め、突如として惨劇がスタートします。

ピグマリオンのネタバレ

高校生・綾原ケイゴは幼なじみの瀬島アコの父親が、大阪で開催される『全国ご当地マスコット祭り』の運営委員になったからと招待してくれたので、弟・マコトを連れて行きます。ケイゴたちの家庭は母子家庭で、ケイゴは弟を守ってやらなければ、という思いでいました。

大人気のご当地マスコット・ぶなっきーに会うのが楽しみだとはしゃぐマコトをよそに、ケイゴは暑くてそれどころではありませんでしたが・・・イベントの「サプライズ」が起こります。

それは考えていたようなサプライズではなく、マスコットたちが意志をもって動き出し、人間を頭から食べてしまう、という恐怖の出来事。運営者たちが手始めに襲われ、つぎに会場にいた客たちが襲われます。誰もただのイベントで警戒していない中で血の海を見た人々は、大パニックに。

ケイゴは共にはぐれてしまったマコトを必死に探しますが、アコとヤーさん風の男性と合流し、凶暴化したぶなっきーと戦うことに・・・そのとき、すでにマコトは不気味なマスコットの手にかかっていたのです。

化物となったご当地マスコットたち

全国のファンから愛されるご当地マスコットが、ある日突然モンスターとなって襲ってきたら・・・作者の発想のほうが怖いです!

ご当地キャラの中には怪物系もいますが、中の人がいるわけで、この漫画のようにマスコット自体が凶暴化して襲ってくることなんてありえませんもんね。ぶなっきーのあの、恐ろしい表情(笑)

マコトは死んだのではなく、襲われたときに何かをされて、化け物化してしまうという・・・。「一体、何が起こっているんだ!」と理不尽な展開の数々に、続きから目が離せません!

-漫画

Copyright© ナナイロノウミ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.