漫画

オキテネムルのネタバレ 連打一人

更新日:


連打一人作の漫画、「オキテネムル~謎の人喰い寄生生物が人を異形に変える連続事件!」は、人にのみ感染する謎の人喰い寄生生物が街を荒らし、グログロの惨劇が起こる物語です。

キリン頭に蛇頭の人間が出てくる、ちょっと怖い漫画です。

衝撃的な展開の結末は・・・

「キリン男」が街に現れる!にわかには信じがたい通り魔事件が、街で起こります。

身体は人間で頭がキリン、という感染者による奇想天外な通り魔事件。普通の思考回路なら、犯人がキリンの被り物をしていたと思うでしょうが、キリンの頭は本物のキリンです。ギューッと首が伸びて、人を襲います。そのシーンがまたグロくって・・・。

自称超能力者のカナタは、「特殊能力」があり、その力を使って学校ではカンニングしています。しかし、能力を使うと急激な眠気に襲われるので、諸刃の剣。遠くのものを見る力があるカナタは、事件の現場を透視して体が人間で頭が蛇になっている女性の死体を見ます。

興味本位でのぞいただけでしたが・・・学校でとうとう事件が起こり、友人の雫がいなくなってしまうのです。

寄生獣のパクリ?いえいえ、新しいネタです

謎の寄生生物が人間の体を乗っ取るお話、と聞いて最初は「寄生獣のパクリかな?」と思いましたが、主人公に特殊能力を与えたり、独自の繁殖体系をもっている寄生生物でまったく違うアイディアのもとに描かれた漫画でした。寄生獣も面白かったですが、こちらはより猟奇的な雰囲気で、そういうのが好きな方にはおすすめです。

カナタには感染者を見分ける力があり、事件に否応なく巻き込まれていきます。人間を異形の姿に変化させる寄生生物の目的とは・・・謎が謎を呼び、先が気になる漫画です。

-漫画

Copyright© ナナイロノウミ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.