漫画

「堕ちた果実」上野友行 ネタバレ感想

更新日:


漫画「堕ちた果実」は、上野友行による新宿・歌舞伎町で生きる「夜の蝶」の姿をリアルに切り取った物語です。

都会に憧れていた少女が、きらびやかさとドロドロの闇が待つ夜の世界で、どのようにして堕ちていくのか、流れ作業のようにストーリーが運びます。

「堕ちた果実」のネタバレ感想

 

愛(めぐみ)は、「東京で暮らしたい!」という夢を抱いていた女の子でした。故郷を出て、都会に行けば何かワクワクするような新しいものに出会える・・・そんな漠然とした期待と憧れだけで上京し、やっと得た仕事はドラッグストアの店員。

田舎でののんびりした雰囲気で育った愛には、都会でのめまぐるしい仕事は合わず、鈍くさくていつも店長に怒鳴られる毎日。

現実は、想像していたよりも普通過ぎて、手取り16万の給料では都会ぐらしもキツイ。
「歌舞伎町の天使」とテレビで評判になっているキャバ嬢の姫香と偶然会って、愛は夜の世界にくりだします。新宿をふらふらしていると、スカウトマンに名刺をもらい、かわいいと言われて舞い上がる愛。

ひょっとしたら、自分もあの姫香ちゃんのように、きらびやかな世界に生きられるかもしれない・・・そんな考えが愛の脳裏に浮かび、仕事のつまらなさもあって、夜の店に入っていくのです。

都会は怖いところ

この漫画を読んで感じたのは、歌舞伎町を代表とする夜の街というのは、いろんな女性たちを飲み込んで成長している、怖いところだということです。

華やかで綺麗な女性たちが、にこやかに美しいドレスをまとって競っている姿だけを見ると、田舎の少女にはまぶしいばかりです。

しかし、その裏側は熾烈な女同士の嫉妬や陰謀がうずまき、金と欲で女性を搾り取ろうとする男たちの醜い姿があるのです。「大丈夫、君なら輝ける!」そんな甘い言葉にだまされる女の子の、なんと多いことか・・・

-漫画

Copyright© ナナイロノウミ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.