漫画

「ノ・ゾ・キ・ア・ナ」感想とネタバレ 本名ワコウ

投稿日:


本名ワコウ作、漫画「ノ・ゾ・キ・ア・ナ」を読んでみました。

「ノ・ゾ・キ・ア・ナ」ネタバレ

ちょっと変わったお色気コメディ、というのでしょうか。専門学校生の男の子・城戸龍彦の部屋の壁の穴から、女の子・生野えみるがのぞき見をしていた・・・そして彼女は「人の生活を覗き見るのが大好き」な子で、お互いにのぞきあっこしましょう、という変態チックな子。

なんでそんなに他人の生活をのぞき見するのが好きなのかというと、人の素の姿、ありのままが見られるから。壁の穴をそのままにして、一日交代でお互いを覗きあうという約束をします。

じつはえみるは同じ学校に通い、同じクラスの子で、龍彦は生活に支障が出ると困るから、お互いにできるだけ関り合いにならないようにしようと告げます。

部屋の中に女の子を連れ込んで、イイコトしてしまう龍彦でしたが、えみるが壁の穴からずっと覗いていて、龍彦は頭にきますが次第に彼女に覗かれることに慣れていきます。

好奇心が抑えられなくなる

龍彦は自分から覗こうとはしませんでしたが、ある日、えみるが自分の部屋に気がある男を連れ込んで行くのを見て、どうしても好奇心が抑えられなくなっていきます。それでつい覗いてしまうと、えみるが男に襲われて嫌がっている姿が見えて、龍彦は窓ガラスを割って助けます。

龍彦はえみるに「好きだ」と言われ、それが男性としての好きなのにか、それとも単に観察対象としての好きなのかわからず、モヤモヤしたまま学生生活を送ることに。気になる女の子・ユリにグイグイ攻められている龍彦でしたが、えみるのことがだんだんなくてはならない存在になっていきます。

結末

結局、勢いでユリと付き合うことになるのですが、肝心のときに浮かぶのはえみるの顔だったり。えみるのことを思いながらユリを抱いてしまったり、と自分の気持ちがわからなくなってしまう龍彦。

自分だけの世界を持っているえみるに惹かれる男の子も出てきて、えみるが好きなわけじゃない、と龍彦は自分に言い聞かせたりしますが、やはりえみるが他の男にとられるのもなんだか悔しくて。お互いに自分を見せ合うことに対して、だんだん気持ちいいと感じてしまう不思議な関係。

えみるがあっさりした性格でかわいいので、内容のわりにはドロドロに感じませんでした。ラストは見つめ合うふたりがハッピーエンドをで終わってほのぼのする結末でした。

-漫画

Copyright© ナナイロノウミ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.