おすすめ漫画

「私の少年」1巻 第二話 Over Drive ネタバレ感想

更新日:


高野ひと深先生が月間アクションで連載中の漫画「私の少年」の1巻 第二話「Over Drive」のネタバレと感想です。お父さんにサッカー部を続ける許可をもらえた!と喜んで聡子に報告しにくる真修が超絶かわいい回です。

「私の少年・1巻 第二話Over Drive」のネタバレ

 

聡子と椎川の関係

第一話で婚約者の夏海を突然紹介された聡子は、会社でよりそっけなく椎川に接するようになります。なんのダメージも受けていないし、あなたのことなんてなんとも思っていないから、という態度です。

椎川は椎川でしれっと「また飲みに誘わせてよ」と何食わぬ顔で話しかけてきます。綺麗な人と婚約したんだから、ちゃんと早く家に帰ってくださいよと、嫌味のつもりで言う聡子。

「職場の皆で応援しますから」とマウントをとってみましたが、ひとりになると誰かに話したくて、誰かに頑張ったって言ってもらいたくなって、さみしくなるのです。

玄関前で待っていた真修

重い気持ちで自宅へ帰った聡子でしたが、ドアの前で真修が待っており、お父さんにサッカーを続けてもOKだという許可がもらえた!うまく話せたのはお姉さんのおかげです、と報告します。その代わり、親が何もしなくていいのであれば、という条件つきでした。

だから真修はサッカーの練習や試合の場所などのこまごまとしたことを、ひとりで全部解決しなければなりません。ユニフォームの洗濯や、試合への送り迎えなどです。プリントを見せてもらうと、かなり遠い場所で真修が自転車でいくのはかなり大変だと知ります。

他の子の車についでに乗せてもらえないのか、と聞くと「お父さんが嫌がるからダメ」(お礼をしなければいけないから)と、悲しそうな顔をします。それでつい、聡子は車で真修の送り迎えをしてあげる、と約束してしまいます。

真修の「応援」を見て恥ずかしくなる聡子

練習試合に参加する真修でしたが、それはレギュラーとしてではなく応援するだけでした。それでもチームにすごい奴がいるから、応援がんばるんだと言う真修。真修は精一杯大きな声を張り上げて、真剣に「がんばれ!」と応援をしていたのです。

その純粋に誰かを「応援」している真修を見て、聡子は椎川に向かって言った「応援します」という言葉の軽さに恥ずかしさを感じます。言葉のダメな使い方をしていることに気づいて、我が身を振り返ったのです。そして応援を頑張る真修を、聡子は真剣に「応援」します。試合後、聡子は真修に「応援がんばったね!」と心から伝えられたのです。

「私の少年 第二話 Over Drive」の感想

ショタコンじゃないはずなのに、真修のピュアな笑顔を見ていると「オネショタいいかも」と思ってしまう回でした。

聡子の中には「誰にも認めてもらえない」という承認欲求があって、椎川とのやりとりで傷ついてうまく対処しても「がんばったね」「えらいぞ」と褒めてくれる人も、報告できる相手もいません。

その代償行為、と言っていいのかわかりませんが、両親からおそらくは無視されている真修に対して「がんばった、えらい」と認めてあげることで、聡子が自分自身の中にあるくすぶった気持ちを浄化しているのかな、と思えました。

「真修にがんばったねって言ってあげたい」と頭をわしゃっとしてあげるシーンが萌えでしたね〜。

「私の少年」1巻 第三話 うさぎのネタバレ感想 高野ひと深

-おすすめ漫画

Copyright© ナナイロノウミ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.