漫画

「ミスミソウ」ネタバレ感想 押切 蓮介作

更新日:


押切 蓮介作「ミスミソウ」は、いじめられっ子たちに家族を殺された少女が復讐する、サイコホラーな漫画です。味方だと思っていた存在すらヤンデレ系なサイコ野郎だった、ということもあり、最後の最後までドロドロした展開が続きます。

「ミスミソウ」のネタバレ

 

野咲春花は東京から大津馬中学に転校してきて以来、クラスメイトたちからいじめにあっていました。学校はもうすぐ廃校になることが決定しており、そのためクラスの結束が強まり、よそ者の春花は邪魔者扱いだったのです。

そんな中でひとり、味方になってくれたのは同じクラスの相場晄というカメラが大好きな男の子。彼は厳しい冬を耐えて春に咲くミスミソウ(三角草)の可憐な姿が好きで、春花のことをミスミソウのようだと言います。

いじめられている、と言っても卒業まであとたった2ヶ月間。その間だけ耐えればいい・・・と、大好きな家族の前では明るくふるまう春花。春花にはしょーちゃんという妹がおり、もともと東京から引っ越してきたのは、しょーちゃんがいじめにあっていたからでした。

いじめに気づいた家族が襲われる

春花が学校でいじめられていることに気づいた父親が、学校に直談判に行くと担任の南先生はいじめている生徒の味方をして、「もうすぐ廃校になるんだから事を荒立てないでください」などと、取り合いません。それどころか、いじめをしている男子生徒が父親に襲いかかって怪我をさせます。

もう、あんな学校になんて行かなくてもいい、という父。そして春花は学校を休みます。すると、春花をターゲットにしていた生徒たちが以前いじめのターゲットにしていた佐山流美に対して「春花が来ないなら、またあんたが標的」と告げ、流美はなんとか春花を学校にこさせようとします。

結局、流美は春花の代わりにいじめられるようになり、追いつめられて春花の家に放火すると言い出します。いじめっこたちはその話にのって、全員で春花の家に行き・・・たまたま相場くんとでかけていた春花はひとりだけ助かりましたが、家族全員が火事で犠牲になったのです。

復讐の鬼と化す春花

しょーちゃんだけは命をとりとめましたが、全身火傷でいつまで命がもつかわからない状態です。真っ黒になってしまった、妹の姿・・・。春花は自分がいくらいじめられても、それには耐えられました。けれども、一番大事だった家族を殺され、春花は復讐の鬼となります。

家族を襲って殺したものたちに、春花は情け容赦なく復讐を遂げていきます。そして復讐の末に、まだ隠されていた真実が明らかになっていきます。

ラストまで救いがなさすぎる

とにかくですね・・・どこまでも救いがない、というのがこの漫画の特徴です。唯一、春花の心を慰めるものがあるとすれば、妹のしょーちゃんの無邪気な笑顔だけ。いじめの首謀者である小黒妙子はみんなを扇動して春花へのいじめを煽っていましたが、実際に自分で手を下すことはありませんでした。

それもそのはずで、じつは彼女は春花のことを(性的な意味で)好きだったのです。けれど春花が相場くんと仲良くなっていくことに耐えられず、(春花自身は、妙子が相場くんが好きだったから嫉妬していたのだと考えていた)好きだからこそいじめてしまった、というのが真相でした。

印象に強く残る漫画

さらにもっと救いようがないのが、クラスでたったひとりの味方だったはずの相場くんが・・・最大の敵であったということ。この漫画の中で一番病んでいる人が相場くんでした。ここまでくるとサイコホラーと言ってもいいのではないかと思います。

最後に相場くんと戦い、春花にはもう何も残っていませんでした。胸に残っていたのは、しょーちゃんのかわいい笑顔だけ・・・。しょーちゃんがくれた三つ葉のペンダントが血に染まっていたのも、切なかったです。登場人物全員が病んでいるトラウマ的なサイコ漫画ですが、ハッピーエンドではないゆえに心に残ります。こうも印象に残るお話、というのも珍しいです。

-漫画

Copyright© ナナイロノウミ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.