1. ホーム
  2. 漫画
  3. 「ラブファントム」ネタバレ
  4. ≫ラブファントム ネタバレ感想 みつきかこ作の年上溺愛漫画

ラブファントム ネタバレ感想 みつきかこ作の年上溺愛漫画


みつきかこ先生の漫画「ラブファントム」は、奥手な恋愛経験ナシのカフェ店員が年上のクールなイケメン男性に溺愛される、ヒミツのオフィスラブです。

「ラブファントム」ネタバレ

展望台のキスと一目惚れ

平沢百々子は23歳、ホテルにあるカフェの店員でかなりのドジっ子。何もなくてもドアにぶつかったり、ものを落とすのは日常茶飯事。

両親は海外だし、独身で、仕事帰りにホテルの空中展望台で一息つくのがリラックスタイム。ある夜、めずらしく展望台にイケメン男性がひとりでいましたが、なにやらさみしげだったので、つい百々子は「早まっちゃダメです」と袖をつかんでしまいます。

男性はにっこり笑って「新手のナンパ?」とかわし、いきなりのキス。突然の出来事に頭のネジがぶっ飛んでしまい、翌日の仕事は集中力ゼロでミスのしっぱなし。

そんな彼と、ホテル内へのコーヒーのデリバリーでバッタリ再会してしまいます。彼はホテルスタッフで、百々子のことを素知らぬふりをして無視します。

無視されてがっかりしていた百々子でしたが、再び展望台で再会。会ったばかりの人なのにどうしても惹かれてしまうーー彼がさっき無視したのは職場だったから。

百々子は彼に一目惚れをしてしまったのです。

「怪人」ホテルの長谷さん

彼の名前は長谷で40手前。ホテル勤務で、ときどき会ってしまうとドキドキする。ホテルの客の会議のためにコーヒーデリバリーの確認をしにきた長谷さんは、カフェスタッフの女性たちにもイケメンで知られており「怪人」とあだ名されていました。

優秀で卒がなく、40でも美男子。そんなすごい人を好きになっちゃったんだ、と思いつつ、彼の仕事ぶりを見ていて疲れが溜まっているのがわかりました。なまじデキる人なだけに、みんなから頼られて人の何倍もの仕事量をこなしてしまう「怪人」。

けれども百々子にとって、長谷さんはひとりの男性で疲れもする普通の人。「充電、させてもらおうかな」と、百々子の顔にやさしく触れてきて・・・

部屋に誘ってしまう

疲れているから癒やしてほしい、という彼につい「部屋にきますか?」と誘ってしまった百々子。そんなつもりじゃなかったけれども、「軽い女」だと思われてしまった・・・と自己嫌悪に。

そんな中、彼が自宅を訪ねてきてくれて「ほんとかわいいね。あなたは」と笑ってくれます。男慣れしていない百々子を見て、彼はほかの男に対してもスキだらけだと思ったら面白くなかった、と男の本音をさらけだします。

 

感想・年上彼氏に溺愛されすぎヒロイン

 

初めから終わりまで、とにかく年上彼氏の長谷さんに百々子が溺愛されまくりな漫画です。百々子の初々しい反応をみるたびに、「そりゃああなたがかわいいから」といじりまくりで、百々子がそのたびに真っ赤になる、という流れ。

これだけ溺愛されているのに、「長谷さんのことを好きなのはわたしかばっかりじゃ」と不安になってしまう百々子の姿がまたいじらしいですね〜。

ピュアな乙女が、年上の彼に愛されて「大人の女」に変わっていく、というのも萌え萌えです。溺愛系漫画が好きな人に、イチオシの作品!