漫画

これは恋のはなし 第一巻 ネタバレ感想 チカ

投稿日:


やさぐれたおじさん小説家と、10歳の少女の恋。漫画「これは恋のはなし」は、猫と少女と小説のピュアな物語です。

「これは恋のはなし」ネタバレ

スランプの人気作家と猫と少女

31歳の小説家・内海真一は、学生時代から書いていた小説が認められて、イケメンだったということもあり、あっという間に「文芸界のプリンス」ともてはやされます。

小説は売れて人気作家になり、人生はガラリと変わりましたが30代に入ってからはなんとなくスランプ。やる気がでなくて気分を変えようと田舎に引っ越したものの、何も変わらない。

そんな毎日に変化が訪れたのは、ひとりの少女が子猫を抱えたきたときからでした。近所の子供たちが「お化け屋敷」と呼ぶ荒れ果てた家を空き家だと思っていた少女は、庭で猫を飼いたいと言い出します。

はかなげな女の子にほだされる

うちじゃ飼えない、面倒はわたしが見ます。

追い払おうとした真一は、少女の目の中に引き込まれ、ついOKしてしまいます。担当編集で旧友の大垣が少女を見て、「あの子をモデルに恋愛ものを書け」と言い、ハードボイルド路線だったのに恋愛ものを書かされます。

少女の名前は森本遥。お父さんは貿易の仕事で外国におり、お母さんは入院して家には家政婦しかいない、と言います。はかなげで、子供にしてはどこか違う大人びた表情を見せる遥。

いつもなら突っぱねてしまうのに真一は、彼女に対してだけはノーを言えません。ほだされてしまったのか・・・

これは恋、だと自覚

真一の友人でおっかけのサトミがやってきて、世話を焼きます。遙はサトミに「好きってどーいうことを言うんでしょうか?」と尋ねます。

いろいろ面倒になってきた真一は、サトミに猫を飼わせようとしますが、遙は真一に「わたしがここに来たいんです。真一さんのことが好きなんだと思います」と告白します。

10歳の少女が、31歳のおじさんに告白・・・ありえない状況に吹き出す真一でしたが、どうしていいものかさっぱりわかりません。

遙はサトミにヤキモチを焼きましたが、じつはサトミはニューハーフ。ヤキモチの必要はありませんでした。

恋のライバルは小学生!?

遙のクラスメイト・杉田が、遙のことを心配して真一を牽制しようとします。杉田は真一がどんな小説を書いているのか調べたり、過去の交友関係をネットで見て、「あのおっさんがいい人だと思えない」と遥を遠ざけます。

真一も、変な言いがかりをつけられたら困る、と遥を追い出します。小学生に好きだと告白されても、世間が見れば変質者扱いされてしまう。事実はどうあれ、悪者にされてしまうのは迷惑だと突き放したのです。

遥はそれ以来訪れず・・・そして、真一も今まで一度も原稿を落としたことがないのに落としてしまい大騒ぎに。

けれどつい、気になってしまい、遥の家のそばにいってしまいますが・・・

感想と1巻結末

なんだかんだで冷たい態度を取りながらも、遥が家にくるのが楽しみになってしまっている真一。ただ、相手が小学生だけに、世間体を考えるとアブナイですよねー。

今のところ、遥が真一を好きになってぴゅあぴゅあな関係ですが、もしも真一が本気になってしまったら・・・今のところツンデレ全開で済んでいますが、それも本気になるのが怖いからかもしれませんね。

サトミがニューハーフで幼馴染、というのもいい味出しています。

真一は、家庭環境に恵まれずに孤独に生きていることを敏感に感じ取っており、放っておけないという優しさがあります。そして遥も真一がぶっきらぼうでも優しい人だ、とわかっていて、ふたりの淡い恋のはじまりにキューンとなってしまいますね。

1巻結末では結局、遥が来なくて我慢しきれなくなった真一が、遥にまた家に来てもいいというところで終わっています。

ドキドキの年の差恋愛。第2巻も楽しみです。

-漫画

Copyright© ナナイロノウミ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.