おすすめ漫画

キモコワな彼女~母性のない女~のネタバレ感想 まるいぴよこ

更新日:


まるいぴよこ作の恐るべき、きもい虐待母を描いた漫画「キモコワな彼女~母性のない女~」は、「本当にこんな女性って実在するの!?」と言いたくなる実話を元にされたお話です。

キモコワな彼女のネタバレ

女子大生の真美は友人に誘われてコンパニオンのバイトをすることになりますが、そこでどこからどう見ても気持ちがわるい「キモコワ」な女・中野エリカと出会ってしまいます。

これがのちに、彼女を恐怖のどん底に落とす出会いとなるとは・・・

27歳というわりには老けており、そのくせ服装は若作りのフリフリのヒラヒラドレス。笑うと歯がなくて、ボロボロで余計に気味が悪く、甘えたぶりっ子なしゃべり方で、おまけに「お金貸して」と誰かれ構わず借金しまくるという最悪の女性でした。

バイトではすでにみんなから嫌われており、何もしらなかった真美は職場の先輩だから・・・と言われるままに食事をおごってしまったり、お金を貸してしまいます。

虐待している我が子を置いていく

ひどい目にあったけれども、バイト以外では関わりがないんだし、いいかなどと思っていたのが運の尽きでした。真美は近所でバッタリとエリカと偶然会って、「関わりたくない」と逃げ出しますが、自宅まで後をつけられてしまったのです。

エリカには幼い娘と息子がいましたが、育児放棄状態で、子供をおいて夜遊びする常習犯。良い子守が見つかった、とばかりに真美の家にやってきて子どもたちを置いてサッサと行ってしまうのです。

真美は仕方なく子供たちの面倒を見ますが、その顔や体には激しい虐待のあとが残っていました。娘の顔には無残なやけどが残っており、エリカに問いただすと「アイロンでジュッとやったの」などと恐ろしいことを笑顔で告げます。

逃げたくても追ってくる恐怖!

この人、普通じゃない・・・真美は我が子を平気でストレス解消の道具として虐待しているエリカに戦慄を覚えたのです。

真美はエリカと二度と関わりたくない、と思いますが、エリカはおとなしくて押しの弱い真美にすっかり頼るようになり、つぎつぎに無理な要求をしてくることになって・・・

キモコワ女性から逃げるには?

なまじ犯罪行為をされているわけでもなく、「ねえ、真美ちゃんおねが〜い」「ごめ〜ん」などと笑顔で無理を押し付けてくるエリカに、真美はどうにもなりません。完全に託児所扱いをされています。

関わりたくないと思っても住所を知られているので、逃げるに逃げられず・・・

エリカはバイトをやめますが、その後も真美の家にやってきて大騒ぎを起こします。常識が通用しない、気持ち悪くて怖い女性に目をつけられるとこうなってしまうんですね。

どこかにまだ、エリカはいる・・・そう考えるとゾッとしませんか?

-おすすめ漫画
-

Copyright© ナナイロノウミ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.