漫画

「鬼畜島」ネタバレ感想 外薗昌也

更新日:


無人島に行って、もしも豚の頭を被った不気味な殺人鬼に遭遇したら・・・ 外薗昌也作のホラー漫画「鬼畜島」は、孤島で大学生たちが恐怖の猟奇殺人鬼に襲われるお話です。

「鬼畜島」のネタバレ

 

M大学・廃墟研究サークルの高久は、サークルの仲間とともに無人島である「菊池島」にやってきました。誰もいないはずの島から、誰かの視線を感じる・・・仲間たちにそう言うと「霊だと思う」と騒ぎます。

ボートで無人島の廃村探索にやってきたものの、じつは高久にとって廃墟なんてどうでも良かったのです。彼のお目当ては、サークルの女子メンバーである上原でした。でも彼女ににはすでに先輩の東山という恋人がいます。

島に近づくとスーツを着た人影が見えて「遭難者だ!」と、東山はボートから飛び降りて泳ぎ、その人影のもとにたどり着きます。しかし彼が見たものは「豚の頭をしたスーツの男」でした。異形におののく東山に向かって、豚男はカナヅチを振り下ろし、頭を割ってしまいます。

ボートの上から、なすすべもなくその惨劇を見守るサークル仲間たち。女子メンバーがヒステリーパニックを起こして、高久に無理やり助けに行くように強要し、致し方なく海へ飛び込んで島まで泳ぎ着きますが・・・

不気味な伝説と世界観に包まれた漫画

島には隠れキリシタンの伝説があり、また海には放射性物質が投棄され、異形の姿に変わったものたちが潜んでいました。彼らはやってきた大学生たちを「贄」と呼び、神への捧げ物にしようとしていたのです。

高久の恋敵である東山の体はすでに、島についたとき、持ち去られていました。森の中から彼らを狙う、不気味な豚男・カオル。「お前らを捧げたら、神もお喜びになられる」と、チェーンソーを持ちながら追いかけてくる姿は狂気に満ちています。

地図にもない島に、殺人鬼たちと閉じ込められてしまった高久たち、グロテスク過ぎて苦手な方は注意が必要です。

-漫画

Copyright© ナナイロノウミ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.