漫画

『官能小説家の烈情』ネタバレ感想 刑部真芯

更新日:


刑部真芯作の官能的な恋愛漫画『官能小説家の烈情』を読みました。高校時代の友人が小説家になり、大人になってから再会し、彼のアシスタントになる――そして、お金と引き換えに彼の創作を助けるために抱かれるというラブストーリー。

やがて、二人の間に愛が芽生えてきて・・・

『官能小説家の烈情』のネタバレ

 

柏木志摩は家に借金があり、婚約者も去ってしまうほどの経済状況。父も入院しておりお金が必要で、なんとかして、お金を稼がなければならない状態でした。

 

求人情報を見て応募したのは、小説家のアシスタントで日給2万円という高額。面接に行った先で秋月真琴というペンネームの小説家に会いに行きますが・・・そこにいたのは、高校時代の友人である光太郎。彼は高校の頃から小説を書いており、志摩はいつも彼の小説を読ませてもらうほど親しい関係でした。

 

久々に再会したというのに、なぜか不機嫌そうな顔をして「これ、声に出して読んでみて」と自分の小説を差し出します。その中身は、官能小説。声に出すのもはばかられるような、エロスな内容に戸惑う志摩でしたが、なんとか面接に合格します。

創作のために髪を切られる!?

小説家の身の回りの世話、というのは食事や掃除などのほかに、資料集めや彼の創作を助けることも含まれていました。

 

光太郎は新しい小説のシーンで、「女の髪を切って興奮する男の心理がわからない」と悩んでおり、切羽詰まっていたのです。そんなときに、志摩のさらさらとした髪がそばにあって、光太郎はたまらず志摩に「髪を切らせてくれ」と頼みます。

 

女の子の大事な髪を切る?志摩は拒否しようとしましたが、光太郎が「仕事の一環だ」と押し切り、少しずつ切っていきます。そして一房ごとに光太郎は切なげな表情をして・・・

お金と引き換えに体を求められる

志摩の家の経済状態は日に日に悪くなっていき、いくら働いていてもどうしようもないほどになっていきます。やむを得ず、志摩は光太郎にお金を貸してほしい、と頼みますが代わりに「お前の体を差し出せ」と言われます。

 

高校時代はピュアなまでに仲が良かったのに、お金が絡んだ途端に冷たくなる彼。志摩はお金と引き換えに彼に抱かれることに・・・

 

-漫画

Copyright© ナナイロノウミ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.