おすすめ漫画

漫画「神さまの言うとおり弐」ネタバレ感想

投稿日:


金城宗幸・藤村緋二のホラー漫画「神さまの言うとおり弐」は、「神さまの言うとおり FROM THE NEW WORLD」のシリーズで、「だるま」の出現で突然日常が崩壊し、理不尽なゲームのルールに参加させられた高校生が生死をかけて戦うお話です。

「神さまの言うとおり弐」ネタバレ

 

サッカー部の高校生・明石は、仲がいい部活仲間の青山とつるみ、馬鹿言って笑い合っていました。青山は明石が大学に行ってもサッカーを続けるんだろう、と期待していましたが、明石にはその気がなく、大学に入ったら適当に楽しく遊ぶよ、と言います。

ふたりで誓い合った夢は、「世界一のプレイヤー」だったのに、全国に行く大事な大会で負けて明石は心がくじけてしまったのです。「俺のサッカー人生は終わったんだ」と、明石は早退してしまいますが、クラスではおそるべき出来事が起こっていました。

先生の首がだるまにすげかわり、クラスに入ってきて突然「だーるまさんがーころーんだ」としゃべりはじめます。何かのドッキリかと、呆然と見守るクラスメイトたち。動いた生徒はだるまの口から吐き出された空気砲で撃ちぬかれてしまいます。

「動いたら死ぬぞ!」と青山は警告し、騒然となるクラスメイトは、次から次へとやられていきます。青山はサッカーボールを使ってうまくだるまの後ろにあるスイッチを押し、ゲームをクリアしましたが、その代償として青山をのぞくすべてのクラスメイトたちが死亡してしまったのです。

そして明石は、青山に謝ろうと学校へ戻り、巨大まねきねこに「ネズミのスーツ」を着て、青山とともに戦うことになりますが・・・

 

感想

 

「神さまの言うとおり弐」のストーリー展開は「神さまの言うとおり」とほぼおなじで、主人公がサッカー少年に変わって戦う内容になっています。

せっかくみんなで協力してだるまゲームをクリアしても、スイッチを止めた本人しか助からないという理不尽さや、あっというまにクラスが血まみれになるグロも同じです。新しいゲームも出てきて、「豆まき」の試験、三択ロースという独特なゲームも主人公の機転でうまく乗り越えていきます。

日本昔話を題材にしたデスゲームが繰り出されますが、新ゲーム登場→理不尽な内容→なんとかクリア、という無茶振りゲームをクリアすることの繰り返しが続くので正直、ダレるかも。

デスゲーム漫画が好きな方ならおすすめです。

-おすすめ漫画
-

Copyright© ナナイロノウミ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.