漫画

「重版出来!」ネタバレ感想 松田奈緒子

更新日:


松田奈緒子作の漫画「重版出来!」は、マンガの裏側を支えている人々、編集者、営業、宣伝、製版、印刷、デザイナー、取次、書店員の姿を描いたお話です。

柔道でオリンピックを目指しながらも怪我であきらめた女性が、まったく畑違いの「出版」の仕事に目覚めます。

「重版出来!」ネタバレ

黒沢心は、元全日本柔道女子でオリンピックを目指していたものの、怪我で断念。金メダルをとるという大きな目標を失い、自分が何をしたいのかを真剣に考えて「漫画をつくる」ことを選びます。

理由は柔道で苦しかったとき、かたわらにあって心を支えてくれたのが漫画だったから。海外遠征のときには漫画の話で親しくなれたことに感激し、「世界共通言語である漫画でみんなをわくわくさせたい」と決心したのです。

心から熱くなれる場所、そして大手出版社・興都館の面接を受け、変装してその様子を見ていた社長に気に入られて見事に採用。

新卒入社で「週刊バイブス」に配属され、先輩編集の五百旗頭に期待されながら体育会系ならではの元気の良さで仕事に取り組みます。

作家の思いを知る心

売れっ子漫画家である三蔵山龍先生を訪ねたあと、アシスタントがキレたことがきっかけでデッサン狂いを指摘され、先生はすっかり自信を失って連載をやめると宣言。

先生は何よりも作品で読者に優しさが強さだとうったえかけてきたことが、まったく届いていなかったのだ、とがっかりします。

心は書店員との話の中で三蔵山龍先生のデッサンが狂っているのは、姿勢の悪さからきていると見抜きます。先生はそのことを知って、角度調整をして描くことにより復活し、新たな気持ちで連載に再挑戦するようになるのです。

読んでいると元気がもらえる作品

「重版出来!」はヒロインの心が体育会系でいつも体力・気力充実していて元気いっぱいなせいか、読みながら元気がもらえる作品です。

初めてのことでも体当たりで運をつかんでしまう。そして、作家さんや書店員さんたちの気持ちを大切にできる彼女に引きこまれていきます。

漫画をつくる、という熱い思いをぶつける新人・心が本づくりをひとつひとつ学び、成長していく姿にワクワクしていきます。

なお、この漫画はドラマ化もされて、TBSで放送中です。原作を知っていると、さらにおもしろくなりますよ!

-漫画

Copyright© ナナイロノウミ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.