漫画

「女王の花」1巻のネタバレ感想 和泉かねよし

投稿日:


和泉かねよし先生の中華風歴史ファンタジー漫画「女王の花」1巻のネタバレです。亜国の姫でありながら、後ろ盾のない母親のために宮中で冷遇されて育った亜姫と奴隷の少年・薄星との幼い出会いが描かれています。

「女王の花」1巻のネタバレ

亜姫と薄星の出会い

亜姫はおてんばな姫で、亜の第二王妃である土妃の台所からまんじゅうを盗み、逃げ出します。追いかけられている途中出会った金髪碧眼の胡人の少年・薄星が土妃に殺されそうになり、亜姫がかばった縁で薄星になつかれます。

薄星はあちこちに売られており、助けてくれた亜姫を「おれの主にする」と決めたのです。亜姫の母親・黄妃は病弱で、娘しか産めなかったことから冷遇されており、土妃の嫌がらせで日々の食膳さえままならない状態でした。だから亜姫は滋養のつく食べ物を盗んで、母親にあげていたのです。

千年の花のおまじない

父王はすでに亜姫たち親子を見捨てており、亜姫は母の病気が治らないことを知っていて泣きます。そんな亜姫を「千年の花」と慰める薄星。千年の花とは、どんな望みも叶えてくれる千年に一度しか咲かない花だというのです。

幼いながらに亜姫に忠誠を誓った薄星は、常に亜姫の傍らで付き添います。そして亜姫が母の病気を治せる丹を求めて街を訪ねたところ、青徹という男と出会い、学芸を学ぶことになります。月日が流れて14歳になった亜姫は、やがて黄の国と土の国とで戦がはじまるかもしれないと知ります。

黄妃の死と人質になる亜姫

そして、狩りで優秀な働きをしたがゆえに土妃の面子をつぶし、父王に「亜国から出て行け」と命じられてしまいます。そして、褒美のスープの中に毒を盛られたために、黄妃は亡くなってしまったのです。

学んだ武芸のせいで母親を死に追いやり、自らは黄の国の人質になるはめになった亜姫。何もかも失った亜姫は、「いつかこの国に帰ってくる」と誓い、薄星を連れて黄の国に向かいます。黄と亜、2つの国の血が流れるせいで、祖父でもある黄の国の王にも嫌われる亜姫。

亜姫は黄の国から一旦逃げ出そうとしますが、母の今際の際の願いを聞いて再び戻り、黄国王に自分を戦場に出してほしいと願い出て聞き届けられます。亜姫は15歳になり、鎧で身を固めて戦場へ向かいます。

「女王の花」1巻の感想

幼くして運命の出会いを果たした亜姫と薄星。主従関係ですが、お互いを大切に思いながらかばいあうその姿は恋人同士のようです。

亜国・土国・黄国の微妙な関係の上にふたりの運命はあり、結局、亜姫は母親の国である黄国に人質として送られてそこでも冷遇されてしまいます。(かわいそうすぎ)

聡明な亜姫は自分が立派になれば父親に認めてもらえると思っていたのに、逆にそのことが原因でうとまれる結果となります。土妃への復讐が彼女を支えていますが、薄星は一途に亜姫を守り、彼女をできるだけ戦場から引き離したいと願うように。

亜姫と薄星の互いを思いやる気持ちが、見ていて微笑ましいです。次巻では祖国である亜国と戦うことになってしまった亜姫の奮闘が待っています。

「女王の花」2巻のネタバレ感想 戦場に出る薄星と亜姫

-漫画

Copyright© ナナイロノウミ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.