漫画

アイアムアヒーロー 21巻のネタバレ感想 花沢健吾

投稿日:


花沢健吾先生のゾンビ漫画「アイアムアヒーロー」最新巻の21巻のネタバレ感想です。

今回は巨大化ZQNに取り込まれていった比呂美が見た掲示板風精神世界と、英雄をめぐる女の戦いが繰り広げられます。

21巻のネタバレ

浅田教の狂気

自らを崩壊した新世界の神となり、神格化を目論む浅田くん。自分がヘリコプターを操縦できることを盾に偉そうにしていましたが、苫米地が同じくヘリの操縦ができると知って内心焦りを感じている?

屋上に行き、浅田教の他メンバーたちと苫米地たちとが戦闘に入る。

そのすきに浅田くんは「殉教者」を作り上げるために、瞑想部屋に二酸化炭素を送り込むため子供にボタンを押させる。

比呂美を追う英雄

比呂美を追っていた英雄だったが、大量のZQNに遭遇してしまう。その中に、精神世界で会った女と思われるZQNがおり、彼女に執拗に追い回される。

女の戦闘能力はずば抜けていて、銃を打っても当たらない。工事中のビルにどんどん登って逃げるも、とうとう女に追いつかれてしまう英雄。「今度こそ死ぬ」と覚悟を決める英雄だったが・・・

ヤブの妹だった!

女ZQNはなんと、ヤブの妹で感染者が見る精神世界で会話していた。ヤブは赤ん坊を抱きながら妹に「鈴木英雄を守ってあげて。お姉ちゃんの最後のお願い!」と頼む。

ヤブは感染者側に入ったものの、精神世界には入れない、と言われる。

女はヤブに「巣の主がおまえを心底嫌い」だからだと話す。

その精神世界での会話を英雄も共有しており、女ZQNがヤブとの約束を守ってほかのZQNたちと戦い、英雄を守るのを見る。

巣の主になった比呂美!?

比呂美は精神世界へ溶け込み、ZQN集合意識とつながって英雄を見る。ヤブを死なせたときの記憶が蘇り、憎しみと殺意の中で自分の本音を見せつけられて苦しむ。

英雄に助けを求めるが、英雄が巨大ZQNに発泡して目をつぶし、同時に比呂美の目もつぶれる。

『巣の主』となった比呂美は、憎しみと悲しみで巨大ZQNを動かし、触手でビルを侵食し始める。

21巻の感想

今回はZQN集合意識と一体化した比呂美が、過去のヤブへの殺意(精神世界では心を隠すことができない)を再確認し、死んでなおヤブに嫉妬している姿が見られました。

ヤブはヤブで「巣の主に嫌われた」ことでZQN集合意識から拒絶され、人間として死ぬことを選びます。「巣の主」というのはどう見ても比呂美のことですよね。

掲示板で「心を閉じている人は感染しにくい」と書かれていたことから、英雄や比呂美がウイルスに感染しにくかった理由が判明します。

パニックが起こる前から、現実で心を閉ざして生きてきた人間はウイルスに侵食されづらい(心の壁がある?)ということです。

ZQN集合意識は最終的に「ひとつになること」を目的としており、やがて個体としての意識を失い「全体」として統一される、と話していました。

「全であり、個である」という新たな人類の進化形と言えそうです。今回出番は少なめでしたが、今後の中田コロリ隊長の活躍もチェックです!

-漫画

Copyright© ナナイロノウミ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.