漫画

漂流ネットカフェ ネタバレ感想 押見修造

更新日:


押見修造作「漂流ネットカフェ」はドラマ化もされた、人気SFマンガです。どこにでもいるような平凡なサラリーマンが、ある日入ったネットカフェで異世界?へ移動して遭難。

見たこともない荒涼とした世界で、初恋の人とともにサバイバルしていきます。

漂流ネットカフェのネタバレ

土岐耕一には中学校時代に初恋の女の子・遠野果穂がいました。彼女は転校生で、クラスの他の女の子たちとは何かが違う、かわいくて色気の漂う子でした。塾通いで彼女と親しくなり、気になっていたにもかかわらず、何もないままに卒業。

以来、女の前では緊張してしまう体質になります。ですが、社会人になって出会ったゆきえと普通に男女の仲になり、結婚してゆきえのお腹に赤ちゃんができます。妻と子供がいる、サラリーマン。地味だけれども幸せなはず・・・なのに、耕一の胸の中には中学の初恋の記憶が消えません。

ゆきえのことは愛していても、遠野果穂のような青春のときめきとは程遠いからです。ゆきえと喧嘩して、なんとなく家に真っ直ぐ帰るのが嫌で立ち寄ったネットカフェで、偶然にも遠野果穂と再会。なつかしさと当時のときめきを感じます。

しかし、突然ネットカフェ中のパソコンが異常な動作をし、カフェの外に出てみると街は消えてどこなのかすらわからない、異世界のような場所に変わっていました。

ネットカフェで居合わせた客たちと一緒に、土地の探検を行いますが、「現実」から離れてしまったその世界で人間の醜さがむき出しになるサバイバルが始まるのです。

異世界に移動した理由

ネットカフェにいたオタク系の男性が、ここはパワースポットでおまじないのようなことをしたために移動した、と説明します。とはいえ、それは彼個人の意見であり、耕一にはそれが本当のことであるのかわかりません。

集団で荒れた土地に孤立無援でいることで、それぞれの人間性が崩壊していきます。具体的には女性を暴力で脅して自分の言いなりにさせたり、生き延びるためにリーダーとなる存在に媚を売ったり、とさまざまです。

この世界に一体、誰がなんのために自分たちを連れてきたのか? 耕一と遠野果穂の関係、そして彼女への初恋の未練がこの物語のキーワードになっています。

-漫画

Copyright© ナナイロノウミ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.