漫画

ヒメゴト~十九歳の制服~峰浪りょう ネタバレ感想

更新日:


峰浪りょう「ヒメゴト~十九歳の制服~」全8巻、完結済みの作品。由樹・未果子・佳人の三人が織りなす19歳という、最後の季節。

それぞれが着ている「制服」と、抱えている「欲望」を身にまとって・・・複雑なトライアングルの関係は、果たしてどこへたどりくのか?

ヒメゴト~十九歳の制服~のあらすじ

男の子のように振る舞って生きてきた由樹は、「ヨシキ」と男風に呼ばれることが普通。女らしさなんて、自分には似合わないし、似合うはずもない。そう思って生きていたはずなのに、大学生にもなって、家でこっそりとしているのは高校生時代の制服を着て快感を感じること・・・

大学で未果子という清純な女の子と知り合い、友達になる。そして、もうひとり、佳人というモデルのような男の子とも。未果子は大学の授業のあと、高校の制服を着て街で援交をするのが趣味。佳人は未果子と全く同じ衣装を着て、女装して街を練り歩くのが生きがい。

タイムリミットに向かってあがく若者たち

誰にも言えない秘密、「ヒメゴト」を抱えて、三人は運命を絡み合わせていくのです。

由樹は未果子そっくりに女装している佳人のことが、好き。
未果子はボーイッシュなままの由樹のことが、好き。

佳人は未果子に憧れながらも、由樹に惹かれて・・・という、複雑すぎる三角関係を築いています。このお話の登場人物にはそれぞれ「タイムリミット」があり、いつまでもモラトリアムできないもどかしさに抵抗しているのです。

時間というのは残酷なもので、どんなに線が細くて綺麗な男性でも体が大きくなって男性らしくゴツくなっていきます。

佳人にとっては非常にキツかったでしょうね。青春時代が楽しければ楽しいほどに、「今のままでいたい」という気持ちになります。この楽し時がいつまでも続いてほしい、ここから出たくない、というあがき。

でも結局は時にはあがらえず、どんな若者たちも「大人」になっていく。ヒメゴトの三人も、最後はそれぞれの生きる道を進み始めました。制服を脱いで大人の女性になった由樹はきっと、十九歳の頃をずっと忘れないでしょうね。

-漫画

Copyright© ナナイロノウミ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.