漫画

漫画「彼岸島」ネタバレ結末 松本光司

更新日:


松本光司先生のホラー漫画「彼岸島」は、孤島に住み着いている吸血鬼たちに誘い込まれ、島で吸血鬼たちの血の饗宴に出会ってしまう青年の戦いを描いたお話です。

「彼岸島」ネタバレ

大学生の宮本明には、優秀な兄・篤がいましたが、2年前に「結婚を申込みに行く」と彼女の実家へ向かったきり行方不明になっていました。幼いころから何かと頭のいい兄と比べられていた明は「自分は必要のない人間」というコンプレックスを抱えていました。

親友のケンちゃん、そして心ひそかに想っているユキは付き合っており、最近つまらない・・・そんな折に明は倒れている女を発見し「あなた、宮本明でしょ」と言われます。なぜ自分の名前を知っていたのか、そして女の首にある2つの傷の穴は・・・

きれいだけれども怪しい女は、明の兄の免許証を差し出して自分が暮らす小さな村にくれば、兄に会えると言い出します。

女の話は信用できるのか、ケンちゃんは怪しみ女を偵察すると、化物が女の血を吸う現場を見てしまい、ケンちゃんも襲われます。みんなでなんとか化物を倒したあと、女は青山冷と名乗り、村が吸血鬼に占領されている、と話します。

村にきた人間を餌食にしたあと、免許証から住所をたどって彼らの家族や友人を島に誘い込む役目を果たしていたというのです。そして明の兄もそこにいるのだと話し、吸血鬼たちを退治してほしいと頼みます。

そして明は友人たちとともに、「彼岸島」へ乗り込みますが・・・

結末・吸血鬼たちの楽園・彼岸島

彼岸島にたどりついてすぐに、明たちは吸血鬼たちに囲まれて囚われます。そして生き血の供給源として屈辱的な目に・・・

一方で、彼岸島で生き延びていた明の兄は、もともと優秀な人物だったとあってひとりで吸血鬼を倒しながら「雅」という吸血鬼の親玉と対峙していました。明は兄の師匠に会い、島で生き延びる術を学びながら、強くなっていきます。

吸血椅子やら、ツボやら、ゾワッとするアイテムが島にはあり、こんな島に行ったら絶対生き延びられない・・・吸血鬼にかまれても吸血鬼化はしませんが、毒液をそそがれて意識が遠のき、おもらしもしてしまう、という恐ろしい目にあいます。

明は「何をしても優秀な兄に劣っている」という劣等感がありましたが、彼岸島に来て師匠に鍛えられ、吸血鬼たちを葬り去っていくうちに次第にたくましく成長し、兄をも超える力の持ち主になっていきます。

すべての元凶である雅を倒すために死んだはずの兄・篤が吸血鬼となって蘇り、雅の手下になってしまった兄。きっと何か理由があるはずだ、と兄をどこまでも信じようとする明の気持ちが切なかったです。

不死身の雅を倒した、と思ってもそうは簡単にいかなかった結末。501ワクチンを打って倒せたはずが、雅はまだ生き延びていて日本に災いを振りまきます。そしてお話は「彼岸島 48時間後・・・」へ続きます。

-漫画

Copyright© ナナイロノウミ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.