漫画

響~小説家になる方法 ネタバレ 柳本光晴

投稿日:


柳本光晴作「響~小説家になる方法」は、斜陽の出版業界を揺るがす大型新人が、文芸編集部の目に止まり周囲を大きく動かしていくお話です。

なお、「小説家になる方法」というタイトルですが、小説家志望者の指南書やノウハウの類ではなく、天賦の文学的才能あふれる女子高生が見いだされる、という漫画になっています。

「響~小説家になる方法」ネタバレ

15歳の女子高生・鮎喰響はひそかに小説を書き続けており、「誰かの感想が聞きたい」という理由から文芸誌の新人賞に作品を送付しました。

しかし、そこには作者の名前だけで連作先はなく、鮎喰響の送った小説を読んで衝撃を受けた女性編集者の花井は、なんとしてもこの作者を探しださなければ、と手を尽くします。

斜陽の出版業界の中でもとくに売れ行きの厳しい純文学。業界をゆるがすような大きな才能がきっと生まれる、という確信のもと、花井はなんとか鮎喰響の作品を新人賞の選考に残します。

文芸部の問題児・響

響は高校に入って、文芸部に入ると決めますがさっそく問題を起こします。響は天才的な文学の才能はあっても、人格的にはエキセントリックなところがあり、幼なじみの涼太郎にさりげなくかばわれながらも、女の子としては奇天烈な行動を取ります。

歩きながら本を読んで友達を作ろうとしないのまではいいとして、文芸部の部屋を根城にしていた不良たちに絡まれると、相手の指をいきなりボキボキ折ってしまいます。さらにボールペンで本気で目を狙ったりと、はっきり言ってアブナイ人です。

小説が好きだ、と言いながら本を大事にせず、並べ方が気に食わないからと本棚を倒してしまったりと、こだわりのためには暴力的手段も問わない子です。

天才と変人は紙一重、といえばそうかもしれませんが、文芸部の部長・リカのうまいあしらい方と涼太郎の理解がなければ社会生活が難しい問題児となります。

「響~小説家になる方法」の感想

響の『天才的な文学の才能』がイマイチ漫画から伝わってこないのが玉に瑕ですが、ストーリーとしては十分に面白い内容になっています。(編集者・文芸部員たちが響の書いたものが「すごい!」と騒いでいることで、すごいんだろうな〜とわかる程度)

響本人はそもそも、職業として小説家になる気がなかったようで、ただ単に小説を読むのも書くのも好きで、書いたものを誰かに読んで感想を聞きたいというのが一番の応募の動機でした。

かなり性格に難点やクセがある主人公なので、読んでいて引っかかってしまう方も多くいそうです。

でも、自分から必死に小説家になりたい!と頭を下げていく根性ものよりも、響のようにありあまる天才を欲して周囲のほうから探しだしてきて、惚れ込まれてお願いされて小説家の道に進む、という物語もたまには良いのではないかと。

-漫画

Copyright© ナナイロノウミ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.