漫画

ガネコの正体は?さかたのり子傑作ミステリー GANEKOネタバレ

更新日:


異臭を放つ料理を作り、「絶対に入らないで」という部屋で暮らす謎の女の子・ガネコ。

漫画「さかたのり子傑作ミステリー GANEKO」は、月たったの1万円という破格な家賃につられて、ガネコとルームシェアで同居することになったフリーターの万那が体験する奇妙なお話です。

なお、この漫画は短編集になっているため、表題作の「GANEKO」のほか「帰ってきたお姉サマ」「ソウル・メイト」などミステリータッチの短編が収録されています。

「GANEKO」のネタバレ

フリーターの万那は、同居していた彼氏と喧嘩して家を飛び出し、友達の家を転々とするも落ち着ける場所がない状況。

厳しい生活に後悔して彼氏のいる家に戻りたい、と思いながらコンビニでバイトをしていました。じつは家を飛び出すときに、彼氏の大事なライダースジャケットを売っぱらってしまい、仲直りしたくても帰るに帰れないという情けない立場。

せめて、お金をためて彼氏に仲直りのしるしとしてライダースジャケットを買って返したい・・・そう思って頑張って働いていたのです。金欠の万那が飛びついたのは、「家賃一万円・光熱費込み」というルームシェアの広告。安すぎて怪しい気もしましたが、背に腹は代えられません。

万那は早速その部屋を借りにいきますが、「ガネコと呼んでください」と名乗る家主の女の子がいて、炭のような変な匂いのする料理をつくったり、「この部屋に絶対入らないでください」と何やらあやしげなことをしていて・・・

気になるガネコの正体

目に光のない女の子・ガネコは、一体部屋で何をしているのでしょうか。ガネコの部屋から異臭が漂ってきて、万那はなんの匂いなのだろうかと気になって仕方なくなります。

ある日、その部屋の窓が少し開いており、そこから変なにおいがしてきて、万那はちょっとだけのぞいてみよう・・・と思ってしまうのです。「入るな」と言われれば入りたくなるのが人間ですよね(笑)

-漫画

Copyright© ナナイロノウミ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.