漫画

ふまんたれブー(漫画)ネタバレ ぬまじりよしみ

投稿日:


ぬまじりよしみ先生が描く漫画「ふまんたれブー」は、アラフォー女性の恋愛と結婚の現実と、ひょんなことから銀座のクラブで働くことになったヒロイン・のぞみの大人なラブコメディです。

「ふまんたれブー」のネタバレ

更年期がきたアラフォーの結婚願望

三宅のぞみは双葉建設総務部に勤務するOLで、現在39歳。5歳年下でサラリーマンの横田正志と交際して2年になるのに、結婚のけの字も出てこない。彼には年下、ということもあって高級時計やパソコンなどを貢ぎ、家に来れば王子様のように歓待して当たり前になってしまっている。

ついつい下手に出てしまうのは、のぞみがもう女としてギリギリの年齢で、この男を逃したらもうあとはないから、という危機感からでした。そのうえ、嫁入り前なのに更年期がきてしまい、「早く彼と結婚したい」と焦るばかり。

新しいお隣さん

のぞみの住んでいるアパートの部屋の隣に、桂珠子と「甥」の郁生が引っ越してきました。会社の葬儀場の受付をしていると、たまたま珠子が現れ、銀座のクラブ「ぺるる」のホステスをしていた縁で故人と知り合いだったと聞きます。

どうりで人当たりはいいけれども、ふてぶてしい人だなあ、とのぞみは感じます。

のぞみの縁談と彼氏の反応

そして以前会社から独立した三宅さんと葬儀で久しぶりに会い、思い切り老けていてびっくり。数年前に妻を亡くして再婚相手を探している、というのです。自分には彼氏がいますから、と言っても相手が誰だか言えない社内恋愛禁止の会社とあって、のぞみはモダモダと悔しくなります。

正志にそのことを話して、「僕と結婚しよう」という言葉を期待していたのに、彼は「その人と結婚したいならすればいいと思う」と最低の反応でした。のぞみはやっと、正志に自分と結婚する意志がないのだ、と悟ります。

社内でひどい噂が

三宅さんとの縁談を断ったことと、彼氏がいるのにずっと結婚していないのはおかしいという勘ぐりから、社内でのぞみが誰かと不倫しているのではないのかという噂が流れます。

さらに、正志からもその噂で疑われて責められることに。そして正志はのぞみに衝撃の告白をしてしまいます。

ホステスのバイト

のぞみは結局、正志との関係が破綻してしまい、結婚を夢見ていたのに破れて落ち込んでいました。そんなのぞみに「うちの銀座のクラブでホステスとして働かない?」と誘ってくれたのが、お隣さんの珠子でした。

いい気分転換になるかもしれない、と銀座のクラブ「ぺるる」で源氏名「美弥」として働くことになるのぞみ。けれど、そのバイトが会社にバレてしまい、とうとうクビになってしまいます。

まとめと感想

「そのうち結婚してくれる」と年下彼氏に夢を見て、尽くすだけ尽くして、都合のいいオンナとして捨てられてしまったのぞみ。アラサー・アラフォー女性にとっては、他人ごとの話ではないですよね。結構、リアルであるお話です。

さらに、更年期のくだりも「うわ〜やめて!」と言いたくなるくらいに自分事として読んでしまいました。

彼と別れた虚しさを埋めるためになんとなく始めたホステスの仕事で、若くはない女性であっても素敵な出会いがのぞみに訪れます。若いころに夢見ていたようなイケメン彼氏、ではなくても落ち着いた大人の男性も素敵ですよね。

誰もみんな、将来のことなんてわからないからこそ安心やよりどころがほしい。そんな中年女性のホンネが描かれているお話でした。

-漫画

Copyright© ナナイロノウミ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.