おすすめ漫画

復讐の未亡人のネタバレ感想 黒澤R 哀しく美しい復讐鬼

更新日:


漫画・復讐の未亡人/黒澤R作のネタバレと感想をご案内します。

夫を死に追いやった会社に復讐すべく、正体を隠して優秀な派遣として潜り込んだ未亡人の復讐劇です。

復讐の未亡人のあらすじ

愛する夫・鈴木優吾はブラックなIT企業で働き、会社の人たちにパワハラ・仕事の押し付け・長時間労働などの末、ボロボロになって過労死してしまいました。

真面目でやさしい性格だった夫をそこまで追い詰め、死なせたヤツラへ復讐を誓うのは残された未亡人・鈴木密。彼女は有能な派遣エンジニアとして会社に潜入し、夫の死の原因をつくった屑共の人生をひとりずつ破滅させていきます。

鈴木密の表の顔と裏の顔

鈴木密は、自分が優吾の未亡人であることは隠していました。美人でテキパキと仕事をこなす派遣の女神、というのが彼女の表の顔です。最初のターゲットであるパワハラ課長・橋本に対しては自分の美貌と体を使って懐柔し、復讐するまでの間「いい目」を見せてやりました。

けれどもそれはあくまで「復讐」への一過程であり、真の目的はとことん苦しめたうえで、生きているよりもつらい目に合わせること。

殺すことはできるけれども、楽に死なせてなどやらない。わたしの夫を死に追いやったやつは、生きている間ずっと苦しまなくては・・・そのためだけに、密はこのようなまだるっこしい復讐の手段をとります。

復讐の未亡人の考察

復讐の方法、と一口に言ってもすぐに思いつくのは暴力的な方法が多いでしょう。復讐漫画には「善悪の屑」「監獄実験―プリズンラボ―」などの人気作品がありますが、いずれも被害者側が誰かの力を借りて強者となったうえで、加害者を暴力的に痛めつける展開です。

凄惨なバイオレンスもまた、溜飲を下げることができますが、どちらかと言うとこの復讐方法は男性的なやり方であると言えます。

それに対してこの「復讐の未亡人」はいかにも女性的な復讐方法で、主に精神的な苦痛を相手に与える方法でスマートに(というべきではないかもしれないけれど)密は相手の人格を破壊し、生きている限り苦痛を味わわせる、という復讐を好んでいます。

そのため目をそむけたくなるようなタイプの復讐は行われず、『屑にふさわしい末路』をもって復讐が完遂していき、密の『復讐は気持ちいい』が完了するのです。

夫を失ったあとの密は復讐が生きる目的になっており、夫のためというよりも自分自身の心を支えるためだけに復讐を果たしたのだとわかります。

内容が内容だけに、読む人を選ぶ作品でもあります。全1巻完結の漫画なので、迷っている方は試し読みしてから決めるといいですね。

黒澤R先生の描くヒロインは綺麗で、華奢でありながら芯の強さをもった密の表情に釘付けになってしまいました。『鈴木密ファン』も増えているようですよ!

-おすすめ漫画

Copyright© ナナイロノウミ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.