漫画

漫画「エデンの檻」ネタバレ感想 山田恵庸

更新日:


山田恵庸先生の漫画「エデンの檻」のネタバレです。グアムでの修学旅行を終えた帰りの飛行機が事故に見まわれて孤島に不時着し、「絶滅したはずの生物」が存在し襲いかかってくるパニックサバイバルです。

「エデンの檻」ネタバレ

仙石アキラは大食いでスケベな高校生。修学旅行帰りの飛行機の中で、悪友たちと女子の水着姿を見て盛り上がっていました。幼なじみの赤神りおんは体操部のエースで、ナンバーワンアイドル。りおんに対してだけは、ちょっぴり違う態度をとってしまいます。

飛行機に突然の揺れが起き、昼間なのに真っ暗闇の空間に飲み込まれていって・・・アキラは目覚めると、ジャングルの中にいました。周囲には誰もおらず、見たこともない動物たちがいて、スマホを見ても圏外。

クラスメイトの真里谷とキャビンアテンダントの大森夏奈子が鳥の怪物に襲われており、真里谷は持っていたパソコンで、それがすでに絶滅した動物のディアトリマという怪鳥である、と調べます。そしてやっとの思いで飛行機を発見し、りおんと合流します。

クラスメイトたちはパニックになって散り散りになってしまい・・・

「エデンの檻」の感想

グアムからの修学旅行で飛行機が墜落して、謎の孤島でのサバイバルが始まりますが、単純なパニックサバイバルではありません。そこには絶滅して存在しないはずの生物たちがおり、さらに灯台やピラミッドなどの建造物がありました。

誰が、なんの目的でこの島に絶滅生物を蘇らせたのか。学校の日常生活から解き放たれた高校生たちは、社会というオリからも解き放たれて暴力という力がある者は、その力で君臨しようとします。アキラは典型的な抜けているけど正義感の強いタイプで、リーダーとして成長していきます。

アキラは信じられる仲間と共に行動しますが、途中で謎の仮面男の「ハデス」に襲われたり、病気にかかったりとつぎつぎに困難に見舞われます。一体どんな謎が隠されているのか、島に残る建造物を手がかりにアキラたちが少しずつ島の謎を解明していく姿に引き込まれていきます。

-漫画

Copyright© ナナイロノウミ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.