漫画

童貞教師のふまじめな日常 ネタバレ わたなべ志穂

更新日:


わたなべ志穂の漫画「童貞教師のふまじめな日常 」のネタバレ感想です。

男子校育ちで女性とまともに接したことのない教師が、経験豊富な女子高生に振り回されてしまいーー赤面症のため、いつも顔が真っ赤に!

童貞教師のふまじめな日常 ネタバレ

男子校育ちの生物教師

桐島慶一郎は26歳、生物教師。ずっと男子校で育ったため、女性に免疫がなく、近寄られるとすぐに真っ赤になってしまう赤面症。

彼にとって、女性とは未知の生物であり、生徒たちにしてもくだらない好きだの嫌いだのに頭を使っているなんてバカらしい。

そんなこんなで生徒たちからは「氷の桐島」と呼ばれている。

女なんて、たとえ高校生でも未知の生物であり、理不尽な言動ばかりで理解しあえるとはとても思えない。

そう思っていた桐島でしたが・・・

恋愛経験豊富な女子高生と接近

生物のテストを落とした女子生徒・和奏に、冬休み補習を命じた桐島。

和奏は彼の反応から、まったく女慣れしていないことに気づいて早速、からかってきます。

和奏は彼氏の浮気が原因で別れてしまい、傷ついている状況でした。そこにちょうどその元カレが通りかかり、無理して明るくふるまう和奏に、桐島はなんだか可哀想になってきて冬休み補習をやらなくてもいい、と言ってあげます。

ところが、桐島の優しさに気づいた和奏は、自分から補習を受けると言い出して、ふたりきりでプライベートレッスン。

少しずつ、二人の距離が近づいていって・・・

キュン萌え!

ちょっと恋に不器用な真面目すぎる生物教師と、頑張り屋さんで彼の不器用なところをひっくるめて理解して好きになってくれる和奏。

先生と生徒。ふたりの気持ちが通い合っていく姿が、キュンキュン萌えてきます。

-漫画

Copyright© ナナイロノウミ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.