漫画

「ダンス・ダンス・ダンスール」ネタバレ ジョージ朝倉

投稿日:


ジョージ朝倉先生のスポーツ漫画「ダンス・ダンス・ダンスール」は、幼い頃にバレエに魅了された少年が、格闘技の道に進みながらも憧れのバレエへの未練を断ち切れずに、バレエへの道を選ぶスポ根物語です。

「ダンス・ダンス・ダンスール」のネタバレ

村尾潤平は幼いころ、両親と一緒に姉のバレエの発表会に行き、たまたま出演していたゲストダンサーの素晴らしい踊りに一目で魅了され、電流のようなものが体中に流れた。芸術としかいいようのないそのダンサーの動きは、潤平にとって、一生忘れられない出来事になる。

その日以来、潤平はあのダンサーの踊りを真似して、姉にバレエのレッスンを教えてほしいとせがんで、スタジオに通うようになった。

けれども同級生たちはバレエを習う潤平を女みたいだと馬鹿にする。さらに、父親の死がきっかけで「男らしくならなければならない」と、バレエをやめてしまい、代わりに格闘技のジークンドーを習うようになる。

「ダンス・ダンス・ダンスール」の感想

潤平はバレエを一度やめてしまったものの、やはりあきらめられず、ヒロインの五代都の母親が経営するバレエスタジオでバレエをすることになります。

バレエを再スタートした潤平は、いきなりバレエ教室の公演で主役の王子役に抜擢されてしまう点が少しご都合主義的でしたが、「才能」を見込んで、ということなのでしょうか。

ですがバレエスタジオで流鶯(るおう)という天才的なバレエの素質とセンスをもつ少年と出会い、実力を見せつけられて落ち込みます。

バレエ、というと女性的なスポーツに感じられますが、男性の存在があってこそ舞台が成り立ちます。だから、潤平は自分がバレエをしていることを学校で知られたくなくて黙っていました。

主人公の潤平は幼い頃に一度見た、憧れのダンサーのように踊りたい!という純粋なバレエへの情熱をもっている少年です。ライバルの流鶯が現れたことで、お互いに技術を高め合うふたりがどうなっていくのか。ふたりのダンスシーンが必見です。

-漫画

Copyright© ナナイロノウミ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.