漫画

蝶獣戯譚 ネタバレ感想 ナガテユカ

更新日:


ナガテユカさんの漫画「蝶獣戯譚」は、江戸時代あたりの吉原遊郭を舞台にした作品です。吉原遊郭の遊女・胡蝶は表の顔。裏の顔は「はぐれ忍びを狩る忍び」。

かつて手練の女忍として働いていた於蝶が、道を外れた忍びたちを狩る戦いに身を投じていきます。

蝶獣戯譚  ネタバレ

吉原遊郭の遊女・胡蝶

江戸時代の吉原は、四方を堀に囲まれ、外界から切り離された空間。夜になると華やかな喧騒であふれる「夜の街」。そこで働く遊女・胡蝶は、本当の名を「於蝶」と言います。遊女は表向きの顔で、裏では色仕掛けで忍びを狩る忍だったのです。

彼女が狩るのは「道を外した忍び」で、この頃、徳川の治世が落ち着いたため戦国時代は終わりを告げ、忍びたちもまた用なしになっていました。だから幕府に抱えられた忍び以外、大多数の忍びたちは職にあぶれて食い扶持を失い、中には盗賊などに身を落とすものたちが出てきました。

だからこその「忍びを狩る忍び」。於蝶は手練の忍びで、遊女に職替えをしたように見せかけて、悪事を行った忍びを客にとり、閨で「狩り」をするのです。

「はぐれ忍び」の哀しさ

この漫画に出てくる「はぐれ忍び」たちは、時代の流れに淘汰され、天下泰平の世になじめなくなった哀しい存在です。一流の忍びとなるために厳しい修行に明け暮れていたのに、もはや居場所がない・・・。

うまく商人などに転職して馴染む才覚があれば良かったのですが、忍びとしての生き方しか知らない彼らは「大義」をふりかざしながら、市井の人々を襲って生きるしかなかったのです。吉原を狩りの拠点にしていたのは、吉原が幕府の目が届きづらい場所で、だからこそ忍びたちが入りやすい場所だったからです。

はぐれ忍びを狩る於蝶の目は、ひどく悲しげで・・・戦国時代は終わったはずなのに、於蝶とはぐれ忍びたちとの戦いは続いていました。

ナガテユカさんが描くのはいつもクールな女性で、カッコいいですね。なお、続編である「蝶獣戯譚Ⅱ」もあります。

-漫画

Copyright© ナナイロノウミ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.