漫画

「あずみ」ネタバレ 小山ゆう 元祖バトルロワイヤル

更新日:


小山ゆう作の漫画「あずみ」 は幼い頃から刺客となるべく育てられた子どもたちが、生き残りをかけて戦う、という元祖バトルロワイヤルなお話です。

絵柄も古いし、だいぶ前の作品ですが、やはり力のある作品というものはいつ読んでも面白いものです。

「あずみ」のあらすじと解説

人里離れた山奥に、剣術に長けた子供たちが修行をしています。10人の子供のうち、ひとりだけ女の子のあずみは、成長して自分だけ体が皆とは違うことに気づく。山奥で暮らしていたため、自分が女であることすら知らなかったのです。

日々、お互いに切磋琢磨して武術を磨いた子供たちは、「外界に出て、使命を果たす時が近づいた」と言われ、二人一組にされる。

あずみは、一番仲の良かったなちという少年を相手に選びますが、「勝ったものは相手に止めをさせ!」と命令され、お互いにバトルロワイヤル状態に。戦ってなちに勝利したあずみは、彼に止めをさし、悲しみに暮れるが・・・

「あずみ」のネタバレ感想

過酷な運命に放り込まれた少女・あずみは、武術以外何も知らずに成長しているので、かなり世間からずれています。しかし、徹底して叩きこまれた武術は並みの武士や忍者も、ハエが止まっているような速度に見え、あずみたちは無敵状態です。

あずみたちを育てた爺は、あずみたちを「戦乱でおまえたちのようなみなしごがどんどんできている。だから、戦を起こそうとする悪を倒す使命があるのだ!」と見事に洗脳して、あずみも信じて疑いません。

命をかけて、使命を果たそうとするあずみの純粋無垢さと、生きる目的をもったまっすぐな目がすごく好きだな〜、と思いました。

-漫画

Copyright© ナナイロノウミ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.