おすすめ漫画

漫画 惡の華 ネタバレ感想 押見修造

投稿日:


押見修造先生の漫画「惡の華」は、おそるべきドS女子・仲村佐和に目をつけられてしまった文学少年・春日高男が誰にも言えない秘密を知られてしまったために、サイコ女に振り回される思春期満載なお話です。

「惡の華」のネタバレ

 

春日高男は成績もいまいちで特別目立たない男子高校生。ただ、ボードレールの詩集「惡の華」を愛読する文学好きなところだけがほかの子と違いました。

成績優秀でクラスで一番の美少女・佐伯奈々子にひそかに憧れているものの、もちろんその思いを口にすることができないくらい気弱な少年です。学校に本を忘れて取りに戻り、佐伯さんの体操着が忘れられているのを発見します。つい、出来心からその体操着を持ち帰ってしまった高男。

それを、クラスで一番の性悪である仲村佐和に見られていたとは知らずに・・・。仲村佐和は恐ろしく口が悪く教師に向かって「うっせークソムシが」と言い、テストは白紙で出す猛者。友達はひとりもおらず、高男にとっては真後ろの席に座っているという以外に関わりがありませんでした。

ところがその仲村が「私見てたんだよ」と高男が佐伯さんの体操着を盗んだのを知っていると言い、バラされたくなければ言うことを聞けと脅すようになったのです。教室で佐伯さんの体操着が盗まれたことが大騒ぎになり、罪の意識にふるえる高男。

そのことをよりによって、最悪の存在に知られ、仲村は「私と契約しよう」と言います。その契約の中身は彼のドロドロとした汚い気持ちをすべて、彼女の前にさらすこと。佐伯さんの体操着で何をしたのか作文を書けと言ったり、佐伯さんの体操着を着て彼女とデートしろと強要し、仲村は高男の汚い部分を引き出そうと様々な手を使います。

 

「惡の華」の感想

 

最初はドSのサイコ女である仲村佐和にふりまわされ、体操着を盗んだという罪の意識でいっぱいで怯えるだけでしたが朱に交われば赤くなる、というのでしょうか。次第に彼自身も仲村に感化されて自分の中にある悪の華が咲き出すのを感じ、奇天烈な行動をとるようになっていきます。

「すべてのクソムシども!」とふたりで手に手を取り合って、ガソリン被ったりしてもう誰にも止められないほどに暴走するシーンは見ものでした。

世の中に退屈している思春期の少女のゆがんだ感情、そしてその彼女に翻弄されて自分を見失っていく少年。けれど青春はいずれ去っていくもので、大人になった彼らがどんな道にたどりつくのか。仲村の最後の表情に、そのすべてが現れていました。

-おすすめ漫画
-

Copyright© ナナイロノウミ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.