漫画

「あかいいと」ネタバレ 宮坂香帆

更新日:


宮坂香帆先生の「あかいいと」は、最悪な出会いをしてしまった比名瀬祥と橘千紘が、反発しあいながらもお互いに相手のことを意識して、赤い糸で結ばれているのを感じる・・・という青春ラブラブ漫画です。

「あかいいと」ネタバレ

剣道部の男の子が好きな千紘

橘千紘は剣道部のマネージャーで、同じ剣道部の南條君のことが好き。千紘は生まれつき目つきが悪いせいか、周りから「睨んでいる」と怖がられてしまうタイプでよく誤解されます。

けれども、南條君はいつも優しく笑いかけてくれて、「ありがとう」と言ってくれる。だから、南條君のことを好きになったのです。お互いに三年生でもうすぐ、卒業。見ているだけで思いを伝えることはできないまま。

最悪な出会いをするふたり

部活の帰りに親友の莉乃と食事をする千紘は、そこで「最悪の出会い」をしてしまいます。ガヤガヤと入ってきた北中の連中でした。その中のひとり、比名瀬が千紘にぶつかったせいで、どんぶりに七味唐辛子がてんこ盛りになってしまいます。

謝りもせずに「おまえら南中だろ?」と話しかけてきた比名瀬を見て、千紘はナンパだと勘違いしますが、彼が聞きたかったのは南條君のことでした。それ以来、比名瀬は千紘を見かけると「七味!」と呼ぶようになります。最悪――と、千紘の彼への第一印象はひどいものでした。

北中と南中の剣道大会で比名瀬に助けられる

北中と南中の剣道大会があり、千紘は比名瀬と再会します。話しかけないでよ、とふたりで言い合いになっていたせいで、先生に怒られてふたりで道場の雑巾がけをすることに。そして千紘の南條君への態度を見て、「おまえ南條のことが好きなの?」と見破られてしまいます。

ますます最悪、と思ったのもつかの間、ガラの悪い生徒たちに絡まれて大ピンチに陥る千紘を助けてくれたのは、やっぱり比名瀬で・・・喧嘩で怪我をした比名瀬は大会で負けてしまうのです。千紘はそのことに気づいて心配して様子を見に行くと、比名瀬は「南條よりもオレにしとけよ」と腕を引き寄せます。

高校で比名瀬と同じクラスに!

南條君とは事実上、振られたようなもので、千紘は「もう恋なんてしない!」と南條君のことを忘れてふっきろうとします。

ところが、中学を卒業して、新しい高校に入った千紘は比名瀬と同じクラスになってしまい、素直になれずに口喧嘩ばかりしてしまうのです。あんなに剣道に打ち込んでいたのに、なぜか剣道部に入らない比名瀬をいぶかしんでいた千紘でしたが、その理由が剣道大会でかばってくれたときのことが原因だと知って・・・

青春の甘酸っぱい気持ちがいっぱい詰まっている「あかいいと」。個人的には千紘の友人の莉乃と桐谷の恋愛の方が気になっちゃっています。

-漫画

Copyright© ナナイロノウミ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.