1. ホーム
  2. Magnoliaネタバレ
  3. ≫漫画「Magnolia(全7巻)」naked ape作 ネタバレ

漫画「Magnolia(全7巻)」naked ape作 ネタバレ


作の漫画「Magnolia」は、男でも女でもない、中性で生まれてきた国王の子・アヤトが主人公です。

16歳になると「男を好きになると女の子」に、「女を好きになると男の子」になってしまうという「マグノリア」の不思議な身体をもって生まれたアヤトは、一体誰に恋をしてしまうのでしょうか。

ネタバレ感想なので、ご注意ください。

>>無料試し読みはこちら

性別のない皇太子アヤト

アネスタチア王国の皇太子アヤトは、表向き「男」として育てられていました。

アヤトの背中には羽根の紋章があり、それを持つ者は天使のように中性の身体で生まれるのです。

けれども、王妃はアヤトに大きくなったら、大事なものを選ばなければならないと告げ、そのときにはその羽根の紋章は消えてしまうというのです。美しかった母は、若くしてなくなりました。

アヤトが16歳になる直前、父親である国王が「男に惚れたら体は女になる。女に惚れたら男になる」と言って、アヤトにどちらかの性別を選ばなければならない、と言うのです。

男になればこのまま皇太子として将来国を治める国王に、女になれば普通の女性として生きていく。

16歳になると体が変化し始めるため、アヤトは人生の岐路に立っていたのでした。

将軍の息子・ユーゴとの出会い

アヤトは男として育てられたため、女になるなど論外でした。とは言え、男になって国王として生きる道も、メガネ越しにでなければ他人と話せないほど人見知りなアヤトが、国を治められるのだろうか、という心配もあります。

お付のナギ、アヤトの弟スイ、国王の姪のリリはアヤトのことが大好きで、体の変化で感情がコントロールできないアヤトを温かく見守っています。

スイとリリは、国王の晩餐会を逃げ出したいアヤトを手伝い、アヤトはナギの目をあざむくためにドレスを着て女装します。

逃げまわった先で出会ったのが、将軍の息子・ユーゴ・ヴォルフ。泣きぼくろのある、イケメン貴公子です。

ユーゴはアヤトのことを女性だと思っていましたが、アヤトは「俺は男だ!」と言い張るので確かめようとしますが・・・

乙女ゲーみたいな世界

「男と女、どちらの性別を選ぶのか・・・」という設定ですが、展開的に「女の子になりましょう!」と、これでもかとイケメンたちがアヤトにグイグイ迫ってきます。

晩餐会に仮面舞踏会、美女とイケメンだらけの学園生活、と「乙女ゲーにしてもいいな、これ」と思えるような設定盛りだくさんです。

個人的に気に入ったのが、アヤトの父親である国王陛下のちょい悪オヤジ具合です(笑) 息子(?)のときは鉄拳教育でしたが、娘姿となると途端に猫かわいがりするデレ具合。いい感じのバランスです。

国王はアヤトに「一ヶ月以内に結婚相手を見つけろ。さもなければこちらで婚約者を選んで結婚させる」と命令します。

内心、強引な魅力を放つユーゴに惹かれているものの、その気持ちを素直に認められないアヤト。

また、護衛のナギがアヤトの体から放たれる「マグノリア」の香りのフェロモンに惑わされながらも「あの方を守らなければ」と誘惑に耐える姿も主従萌え!でポイント高し。

この漫画はどちらかと言うと、腐女子受けしやすいお話になっています。

無料試し読み


このサイトでご紹介している漫画は、以下から無料試し読みできます。

>>無料試し読みはこちら

たっぷり試し読みできるので、タイトル名で検索してチェックしてくださいね!

スマホ専用(Android・iPhone対応)


人気の注目作!

100円から気軽に漫画が読めるRenta!