漫画

アイアムアヒーロー18巻ネタバレ 花沢健吾作

更新日:


花沢健吾作「アイアムアヒーロー」の18巻の感想を一言で言うと、『話、進まなさすぎ』だったんですが、かと言って面白くなかったわけではありません。

英雄と比呂美がお互いの気持ちを確かめ合い、崩壊した世界でありつつも「お付き合い」をスタートします。

話し合うことの大切さ

小田さんが感染してZQN化の末、死亡し、意気消沈気味のふたり。

とりあえず、比呂美の母親がいると思われる病院へ向かいます。

「ふたりで話すの、とても久しぶりな気がする」

ポツン、と比呂美がそう言いました。

振り返ってみれば、比呂美の半ZQN化と回復してからのめまぐるしいサバイバルで、ゆっくりと話す暇がありませんでした。

比呂美は英雄になぜ、感染した自分を置いていかなかったのか、と聞きますが・・・

「比呂美ちゃん、女子高生でかわいかったから」ソコカ!Σ(゚Д゚),

オタク系のおっさんは、正直でよろしい。

今までの空白を埋めるように、二人は話し合います。

 

ついに男女の関係に

女子高生とおじさんがラブロマンス、というのは普通の世界では男の夢でしかありませんが。危機的な状況で男女が一緒にいると、お互いに好感を抱いてしまうもので。

「あたし、初めてだからヨロシクね」

比呂美はすでに、英雄を受け入れる決心をしていたのでした。

とはいえ、比呂美は感染から回復したばかりで、体内にウイルスが残っているキャリアです。

英雄と肉体的な接触をもってしまうと、彼を感染させてしまう可能性があります。

それでもいい、と二人はとうとうことに及んでしまい・・・

このシーンでは、比呂美がワキ毛を気にするところが面白かったです。

そして、不思議な出来事が起こります。

二人が結ばれると、これまで遭遇した精神世界で見えたものを一緒に見ていました。

主にZQN化した人間が見ている共有意識のような世界です。

謎の船にSOS信号

暗闇の海に浮かぶ船に向かって、英雄はモールスでSOS信号を送ると返事がありました。

船へ移動しよう、と決めた瞬間に合体した巨大ZQNが現れ、二人を襲います。

「生きるぞ、絶対!」

と、必死にZQNたちから逃げ出しますが・・・

2016年に映画化の作品

今回は一応、エロエロ展開ではあるのですが、どちらかと言うと精神面での恋愛という側面が強いですね。

ZQNウイルスは感染した人間を何らかの「精神世界」に移動させるので、心と心のつながりや絆が今後のふたりを助けてくれる展開になるかも。

クルスや中田コロリ隊長の動向も早く読みたいな〜。

なお、「アイアムアヒーロー」は、大泉洋主演で2016年に映画化予定になっています。

今のうちに原作に目を通しておくと、映画がさらに楽しみになりますよ〜。

アイアムアヒーロー 21巻のネタバレ感想 花沢健吾

-漫画

Copyright© ナナイロノウミ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.